サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. KCさんのレビュー一覧

KCさんのレビュー一覧

投稿者:KC

紙の本Fine days 恋愛小説

2003/04/04 02:57

前に進む力をくれる一冊。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

デビュー作『MISSING』以来、本多孝好さんの作品は、その繊細で端正な文章とともに、時間とともに取り返しがつかなくなるもの、失われてしまうものがある、という現実を一種冷酷なまでに突きつけます。しかし、それでも読後感はあくまで心地良いのは何故でしょうか。

本書は、恋愛にまつわる物語を集めた短編集ですが、登場人物たちは、大人になることで、或いは今居る位置から一歩踏み出すことで何かを確実に失ったり、リスクを背負うことになったりします。
しかし、彼らは、失われたものや過去への想いを胸に、様々な不安に怯えつつも今を懸命に生き、前に踏み出そうとします。
そんな主人公達の姿が、何かを失うことの怖さよりも、前に進むことの大切さを決して押し付けがましくなく、清々しく思い知らせてくれるのです。まさにこの点が、本多作品の「心地良さ」の源なのだと思います。

そして、そんな彼らの姿を目にし、本を閉じたときには、大人になることが、或いは今居る位置から一歩踏み出すことが、なんだか怖くなくなっている筈です。

「癒し」などという薄っぺらな言葉で片付けたくはない、前を向いて進んでいく力をくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する