サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. JBSさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

JBSさんのレビュー一覧

投稿者:JBS

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本阿片王 満州の夜と霧

2005/08/04 00:47

大傑作にも瑕瑾あり

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さすがは信頼のブランド、佐野眞一である。
厚さでは「巨怪伝」や「カリスマ」に及ばないが、内容ではそれらを遙かに凌駕する。
で、なにが問題なのかというと、「いたいけな少女」という非日本語が頻出することである。佐野氏本人ではなく「若いスタッフ」が打った部分なのだろうけど、大新潮の編集者も平気で見逃しているようではねぇ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本読書会

2007/01/22 13:36

正体見たり

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

内容はまずまず面白いと思う。
個人的には、昔好きだった山田正紀がなぜ好きじゃなくなったのかがはっきり判ったのが(皮肉な意味で)収穫だった。
恩田さんが、自分はオスカー・ピーターソンが好きだけど日本ではビル・エヴァンスやソニー・クラークに比べて評価が低いと述べたのに対して、「めちゃくちゃ巧い、だけどハートがない」などと乱暴なことを言っているのである。
つまり、山田正紀は、泣かせる方が笑わせるより高尚だ、という感覚なのであろう。「マイルスは泣いているけど、お前のは笑っている」とタモリをけなした早稲田の先輩のように。
ピーターソンの演奏にハートがないなどというのは、半可通の物言いでしかない。ピーターソンの本質は歌心にあり、テクニックだって歌心の表現のためのものなのだ。
テクニックだけでハートのない「消費物」しか出せなくなった山田正紀が何を言うか!
「神獣聖戦」が再刊された読もうかとも思っていたが、これではっきり読まなくてもいいと見切りが付けられる。
山田正紀にはサラリーマン作家に徹してもらって、もうSFには関わらないでくれといいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示