サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 麻巳 樹さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

麻巳 樹さんのレビュー一覧

投稿者:麻巳 樹

2 件中 1 件~ 2 件を表示

アーシアン 完結版 1

2003/02/09 12:26

誰だってこれくらい思うんじゃないですか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このコミックを見つけた場合、まず誰もが表紙の透明感に惹かれ、また『アーシアン』という聞きなれぬ単語に興味を持つと思います。
Boy'sLoveと呼ばれる男色を描いた女性向けのコミックス、またはノベルズのジャンルがあります。『アーシアン』もそのひとつですが、俗に『やおい』などと呼ばれる『山なし落ちなし意味もなし』のような性描写をメインにしたものではなく、寧ろ友情に近い恋愛の描写は、男性も好感を持てるのではないでしょうか。
大切な人と別れたら誰だって辛いし、それを恋だと勘違いしてしまう人もいるでしょう。同性だってそういう勘違いは有りです。
私は女子校に通っている節もあり、何となく“友情に近い恋愛”の気持ちに覚えがあります。
「好きな人にすきって言えるのは勇気だと思うけど」という言葉が印象的でした。
このジャンルにしては珍しく“誰だってこれくらいは思うんじゃないか”という気持ちで読める、さわやかさのある作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たわごととざれごとのちがい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「戯言シリーズ」第三弾、『クビツリハイスクール』。
妙にバタバタしており、テンションの低さが売りの(激私的見解)このシリーズにしては大分期待外れであったかと。
しかし相変わらずの戯言。主人公「ぼく」こと“戯言使い・いーちゃん”の精神的堕落の仕方は真実すくいようがなく、それでいて相も変わらず読み手に快感を与えます。
それが読み手にとって優越感でなく同情でなく表面的なものでない以上それが戯言以外の何だというのでしょう?
ところで、このシリーズで言う「戯言」は「たわごと」でなく「ざれごと」です。私の所有する些か能力の低い電子辞書によると、「たわごと→馬鹿げた言葉」「ざれごと→ふざけて言う言葉」だそうで、つまりそれはどういうことかというと言葉が単にふざけているのか言っている本人がふざけているかの違いなのですね。
つまり、ふざけているのです。
主人公が“戯言使い”であり、またこのシリーズか彼の一人称で描かれている時点でもうこのシリーズはふざけていることになります。
精神的堕落の激しい主人公の一人称で小説を書くのは一体どんな気分になるものなのでしょう? 私なら絶対的に感情移入して鬱になるところです、西尾さんは凄い方だと、毎度のように感心してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示