サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つぶごまさんのレビュー一覧

つぶごまさんのレビュー一覧

投稿者:つぶごま

2 件中 1 件~ 2 件を表示

「正論」のおもしろさ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スポーツ好きとしてとても楽しめる一冊でした。
日頃、新聞、テレビ、雑誌などにおけるスポーツ報道の貧しさに
イライラしていたわたしとしては、読後に「すっきり」したのは
初めてと言っていいかもしれません。

なぜ、こんなにおもしろいのか?という問いを考えると、
それはこの本が(文中にもあるように)「正論」に終始しているからだと
思います。しかし、よく考えると、「正論」がおもしろい社会とは
どういうことなのだろう?とも思います。
この「正論」がおもしろいことによって、皮肉にも現在の社会の
つまらなさがあぶりだされるという批評でしょうか。

本書は渡部直己氏との痛快な対談と著者・蓮實氏の美しい文章からなります。
この本が少しでも日本が楽しくなる方向へ動き出す助けになればよいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

暗くて。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3人の言葉ひとつひとつが丁寧に語られ、まるでDNAのようにらせん状にからまり、暗く底のない穴の中にゆっくりと落ちていく様子が思い浮かぶ。
「生死」や「存在」という、語ると時に陳腐になりがちな問題を語りながら、
安易な紋切り型を避け、読者に伝えようとする意思。

満身創痍の3人が語る言葉のなんと美しいことか!

不気味なこの本を読むべし。
下っ腹にぐっときます。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示