サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山本 新衛さんのレビュー一覧

山本 新衛さんのレビュー一覧

投稿者:山本 新衛

1 件中 1 件~ 1 件を表示

龍時 01−02

2002/09/03 12:00

熱いスポーツ小説なら別腹

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

▼久しぶりにスポーツ小説をたんのうした。▼埼玉・草加の小料理屋の息子が、突出したドリブル突破力と持ち前の負けん気で、スペイントップリーグのピッチに最年少デビューを果たすという、ワクワクのサッカー物語である。▼あまりにもすべてが調子よく行きすぎる、との感もないでもないが、読後の爽快感は、間違いなくこの調子のよいテンポから生まれていることも確かだ。▼「リュウジの体内に燃える龍」といった陳腐な表現も、「スポーツ小説は、こうでなくちゃ」と、最後は拍手を送っていた。そう、なにが何でも目標貫徹の気概と、恋愛感情だけは別腹なのだ。▼一方で、あまりに高度な戦術や技術にこだわりすぎたり、国籍の問題、両親の離婚、ヤクザに成り下がった父親の扱いなど、もっと軽いタッチにすればいいのにな、という気はした。なぜなら、すべて剛球勝負のため、これらの脇を固める事柄であっても、1章を割きかねない勢いだからだ。リュウジの目線と呼吸に同調している読者には、煩わしいといえる。▼いずれにしても、元気のいいスポーツ小説をどんどん読みたい。衰退著しいといわれる「ノベルズ」で、スポーツ小説の新シリーズでも創刊したらどうだろう。活性化間違いなしと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示