サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 三毛猫ホームズファンさんのレビュー一覧

三毛猫ホームズファンさんのレビュー一覧

投稿者:三毛猫ホームズファン

紙の本三毛猫ホームズの騒霊騒動

2003/05/05 13:49

これほんとに推理小説?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひょんなことで5年前に自殺した少女の幽霊を題材にしたテレビ番組に出ることになった片山たち。そのテレビ番組にキャストとして出る二人の芸能人や、片山たちにテレビ出演を誘ったプロデューサー、そしてその少女のあとをおって自殺した少女の両親。そしてその少女をだまして捨てた男をめぐってウラではとんでもない計画が動いていた!

毎回思うのが、赤川二郎さんの作品はとてつもなく奥が深いということ。三毛猫ホームズにはまり始めたのが一年ほど前に読んだ、三毛猫ホームズの夜更かし、それから少しずつではあるが段々ホームズの世界にはまり始めた。今まで好んで読んでいた短編や、長編とはまったくちがうタイプの推理小説。読み始めたらどうしてもとまらなくなる。

だんだん話の内容がのみこめてきたときに、ぱっと話の内容が別になる。その繰り返しでついには一気に読んでしまう。チョコチョコ読むのが好きな人にはちょっとおすすめしにくいけど、やっぱりおもしろいのでゆっくり腰をすえてじっくり時間をかけて読んでほしい。

今回の話で最もおどろいたのは、幽霊、という存在が出てきたこと。今まで私の読んできた推理小説というものは、超自然現象に見えても必ず理論で説明でき、2−1=1、1+1=2というふうに必ず現実でといてしまうものばかりだった。だがこれは、10を3で割ることができないという風に、幽霊という存在を科学的根拠で説明せず、一つの感情を持った実在物というふうに存在させている。そして人を好きになるという感情まで持っているのである。

現実の事件は本当に奥が深く、リアルにあらわしているのに対し、この幽霊の存在まで本当に現実なんだと思わせるくらい自然に書いてあるのがやはり、赤川二郎さんの小説のテクニックではないだろうか。

だがよく考えて見たらネコが探偵役をやっていること自体、非現実のようなものなんだから幽霊が出てきたっていいんじゃないだろうか?と考えてしまうのも、ホームズファンの一面だと思っている。

何はともあれ幽霊とも和解できるホームズはやはり名探偵! この調子で頼りない片山刑事とのコンビを今後とも楽しめそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する