サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 折鶴さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

折鶴さんのレビュー一覧

投稿者:折鶴

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本少子化対策が日本をダメにする

2007/10/30 15:39

政府と正反対の正論もありかな

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高齢化社会への移行が急ピッチである。医療や年金、少子化などの社会問題は、日増しに激論をよんでいるが解決の糸口さえ読めない。格差社会は広がるばかり、若者の年収は底なし沼に引きずられるように下がりだし、生活もままならない。やっとのことで結婚はしたものの、子どもを産み育てることなど高嶺の花である。厳しい状況に後押しされたのか、政府はあの手この手と改善策を講じるが、決め手を発揮するまでにはいたっていない。
追い討ちではないが、<この救いの手が>日本をダメにするとは、いったい如何なことなのか。

 「出生率の低さが世界でもトップレベルであることから、その危険が声高に論じられている」。政府は少子化担当の特命大臣をすえてまで、国を挙げて取り組みだした。「産めよ、増やせよ」と論じているが、ここに重大な欠陥があるという。少子化は脱することができるかもしれないが、教育や諸々の問題で弾き飛ばされる子どもが増えれば、大きな社会問題を抱え、政府のお荷物になりかねない。ロボットが働く時代、人は量より質の高さが問われる時代が目の前に迫っている。「何が何でも産んでもらえばいいという無責任な、時代のバイアスから脱し、少子化時代にどうすれば国は生き延びられるか」が問われていると喝破する。

 「産めよ、増やせよ」で生まれてきた子どもたち全員とは言わないが、望まぬ子どもや、産まれるべきでなかった子どもまで、産めばよいと出産奨励すべきではないと語るが、これでよいのだろうか? 疑問は拭いきれなかった。手探り状態の少子化対策は始まったばかり、確かにこのままでは日本はダメになるかもしれない。暴論や奇策もあるかもしれないが、政府と正反対の正論もありかなと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本へこたれへん。

2005/11/28 14:28

生まれ変わった彼女、今度こそ庶民のために働いてもらいたい

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「政治」政治の流れは見た目ほどきれいなのだろうか? ここ
ぞとばかり相手の弱点を咎め、葬り去る権力構造。まさに弱肉強
食そのものではないのか? 自民大勝、郵政法案可決、自公、与
党の追い風は留まることを知らない。「勝って兜の緒を締めよ」
ではないが、何事も多勢で押し切ってしまわないで、庶民の声も
大切に。庶民の味方? <そんなパイプ役の議員がいてもいいじ
ゃないのか>。権力闘争の非情と魔力。マスコミ、警察、司法、
政界の不透明さを味わい、どん底から這い上がった著者の半生記
がここにある。
逮捕。それは突然降りかかった。何の苦労もなく短期間に国会
議員になった苦いつけだったのかもしれない。小選挙区戦も乗り
越え「正義のヒロイン」という虚像を抱いていたのかも。「出る
杭は打たれる」ではないが、あまりにも“多勢の敵”を作ってし
まった? 過信がちらつく。留置場生活での反省、どん底で得た
明日への糧。二皮ぐらい剥けた彼女がそこにいた。
落ちるところまで落ちた人間は強い。その人間が生きる場所を
二度も掴むことができた幸運児。きっと庶民の味方になって活躍
してくれるだろう。こんどこそ、総理、総理の連呼だけではな
く、庶民のための改革、その旗を掲げてもらいたい。だれでも希
望が持てる社会を歩んでいけるためにも。
どの社会でも権力は蔓延っている。非情や魔力に立ち向かう知
恵と勇気が湧いてきたのは私だけだろうか。いや、他にも大勢い
るのではなかろうか。そのことが汲み取れただけでも有り難い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一攫千金それだけでは幸せは買いきれない

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「一攫千金」誰もが持っている夢だろう。サマージャンボ、年末ジャンボ宝く
じ売り場の長蛇の列、語る言葉はいらない。「ロト6で大金が当たったら・・・
こんな夢を実現させてしまった主人公」。悲劇と行動の結末は、大金持ちになっ
た男が描いた、あまくせつないノンフィクション記である。
 夢にまで見た現実は、あまくなかった。眠れない夜、人間不信、無事に換金は
できるのだろうか? 襲い掛かる不安、カウンセリング。一万円札で鶴を折る日
々、空中分解したような人生、株式投資の大赤字。やること成すことがまるでバ
ラバラ、成金男の悲劇の始まりが其処にある。
 一攫千金を夢見るあなたに、ロト6の買い方が載っているので、<参考にして
は如何かな?> 著者は当選するまで、毎週千円ぐらい3年以上買い続けたとあ
る。ジャンボ当選者も一回の買金は6千円から9千円と答えている。時々、大口
買いの人を見かけるが、庶民の懐に見合う買金が、≪ズバリ当たる≫ 最良の結
果を招くのかもしれない。
 大金を持てば生活も変る。お金が織りなす人間模様が垣間見られて、心に突き
刺さった。お金に群がる擬似恋愛、人間のずるさ、金の切れ目が縁の切れ目か?
 超負け組みの人生からみれば、幸せをうることはできたが、人間不信はぬぐい
切れない。著者が最後に洩らした、「友情や愛情はお金では買えない。贅沢とは
言わないが、お金を使わない楽しみ、そういう真の楽しみを見つけたい」。この
一言が真実なのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

地球温暖化論争は是か非か?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「南極の氷が溶け出している、地球は急速に温暖化している」いま、人間社会が
排出する二酸化炭素(CO2)によって、「地球大気の異常な温暖化が引き起こされ
ている」とする不安が全世界に広がっている。果たして本当なのか? 「コンピュ
ーター・シミュレーション」が生んだ産物なのだろうか。はたまた 京都議定書に
盛り込まれた現実は、気象学者がとなえた副産物なのか? これらに根底から異議
をとなえた学者がいる。あなたが知りたいサイエンスは、どちらなのだろうか。
 「南極大陸の棚氷の周辺部が溶けている場面が、地球温暖化の証拠映像として使
われているが、実際には棚氷の周辺部にはつねに溶けて崩落している。大陸中央部
分では、氷が増加して起こる」現象の一場面にすぎない。これらをメディアが取り
上げるたびに温暖化が叫ばれ、いまにも地球が沈没するかのようにあおる。たしか
に「グリーンランドの氷床が全部溶ければ、海面は6メートル、南極の氷床が全部
溶ければ海面は56メートル上昇する」と計算するが、勿論そんな現象になれば、
「日本沈没」にとどまらず地球の破滅だ。「温暖化によって海面の上昇は10年で
4ミリ、このままの状態で氷床が溶け出しても、全部が溶けるまでには13万年」
かかる計算。あまりにも早急する考えではなかろうか。
 さらにこれが決めてかな、「地球温暖化の専門家と呼べるような科学者、研究者
は世界のどこにもいない。地球の気候変動のメカニズムがほとんどわかっていない
以上、懐疑論を正面から否定したり、正しい温暖化のしくみを説いてまわれるよう
な専門家はいるはずがない」。明らかでない問題だからこそ、つねに懐疑的である
ことが「真の科学的な態度」であると著者は語る。
 地球温暖化問題は科学者の手からはなれ、政治施行に移りつつあるのではないか
と感じる。危機感を唱える科学者、持たない科学者たちだが、未来永劫まで生き続
ける地球のために、いま何をなすべきか答を出して欲しい。地球温暖化のシミュレ
ーションに、吸い込まれてしまうまえに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

百花繚乱の春、一枝の花びらが心を癒してくれる

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 桜と問われて、何をイメージするだろう。街灯に浮かび上がる満開の一枝、そよ
風になびく可憐な花びら、無情の雨に泣いている桜の蕾。桜花爛漫に咲きほこる姿
には、圧倒されて声も発する事ができない。自然界の織りなす営みを乗り越えてき
た草花には、力強さやたくましさ、純粋な清らかさがある。孤独の知恵と粛々した
生き様の先には、壮大なロマンを演出しているのだから。
 本書は日捲りのように一日一種を基本として、「百花繚乱の春から木の葉いろづ
く秋」までの草花をひも解くエッセイ集である。4月5日・6日には「片栗」がある。
「ユリ科の多年草で、早春の山地の雑木林に群生し、雪国に春を告げる花として親
しまれている」さらに、「一つ一つは可憐だが、同じ生き物が、ある一定の量をこ
えると、呪術めいた迫力をおびてくるものだ。自分たちの仲間でもって地表を覆い
つくそうという壮大な野心を持っているかのようである」と熱く語る。まさに幻を
見ているような花の幻想に、嵌まり込んでしまうのかもしれない。
 野に咲く花には、誰でも一つや二つは心に残る思い出はあるだろう。私もしかり
だ、目を閉じれば「宵待ち草」の一節が浮かんでくる。「待宵草(マツヨイソウ・
花名)」風雅な名前の由来は夕方に咲くからとある。別名「月見草」、黄色の花弁
は月光をそっくり吸い取ってしまうのかのような激しさを感じる。一途な恋の終わ
りはこの花のようだった。
 三六五日思い出を刻んでくれる野の花。花の命は短いが、心に刻みこまれた花は
いつまでも生き続ける。そんな野の花に今日も逢いに行きたい。
 下巻は「晩秋から早春までの草花」が登場する。一面の銀世界から待ち望んだよ
うに顔を出す草花、きっと私をときめかせてくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「目黒のサンマ」家光の悲しい叫びが聞こえてくるかもしれない?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 江戸から東京へ地名は変れど、ゆかりの地を歩み続けた人物の足跡は今で
も語り継がれている。江戸城を本陣と定めた徳川家康。幕末の江戸を救った
? 西郷隆盛や勝海舟。幾多のドラマは今でも生き続けているように、歴史
は繰り返すのだろうか? 大岡越前守と遠山金四郎、鬼平の悪人狩りなど、
今でも我々に地表は教えてくれる。人物ゆかりの地を訪ね歩く旅へ、いざ出
発。
 三代将軍家光は外出好きで、気軽に出かけている。特に目黒一帯には足を
運んだようだ。「古典落語」で知られる「目黒のサンマ」。家光をモデルに
仕立てた噺はあまりにも有名。目黒のサンマを二度と食することができなか
った、家光の悲しい叫びが聞こえてくるような? 目黒一帯の探索は如何か
な。きっと家光がこよなく愛した心根に、接することができるかもしれない。
 鬼平こと、長谷川平蔵の残像が闊歩した街、佃島や八丁堀へ歩を進めよ
う。縦横無尽に立ち回り、悪人たちを震いあがらせた街々を、探索するのも
乙なものではなかろうか。佃島から八丁堀、一日がかりの散歩コースだが旅
の醍醐味と、意外な発見に遭遇するかも?
 大岡越前守と遠山金四郎。興味が沸く方には、南北奉行所があった丸ノ内
界隈の探索に出かけてみてはいかがかな。有楽町駅をスタートに東京駅まで
の短い旅であるが、“あなたが描く名奉行”の裁きに触れたなら? 時の経
つのさえ忘れがちであった。
 東京に住んでいながら歴史人物の足跡に触れる機会は意外とすくない。江
戸の町を闊歩した主人公を求めて、散歩に出かけてみよう。新たな東京の再
発見に、巡り合うことができるかもしれないのだから。
 「江戸の心が香る店」のコラムもあるので、旅のお供に粋な食事を賞味し
ては如何かな。あなたの優しい心根が満開に咲くように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

失敗は最高の宝

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本テレビ「笑点」の大喜利は時々観ている。奇抜なアイデアと洒落たおちに
は、疲れた体に温風が通り過ぎていくような、爽やかな足跡を残していく。本書
は大喜利メンバーの1人である、林家たい平の失敗談を基にした自叙伝である。
 とかく男性は、仕事だからと自分勝手な言い訳を、家族に押し付けているのか
もしれない。≪もちろん私も≫。炊事・洗濯・育児と、目の回る忙しさの妻や、
子供の成長を側面から見守ってきたつもりでも、温かい思いやりのある言葉を掛
けたことがあっただろうか、自反ばかりである。著者も失敗談から家庭革命した
ように、私も体験から得た<貴重な言葉>を探し当てた。心のそこから家族に
「ありがとう」。
 殺伐とした世の中、やれ殺人、強盗、隠蔽、捏造などと、毎日紙面を賑わす事
件が後を絶たない。ゆとり教育の是非を問いながら、再建に踏み出した政府だが
容易ではなかろう。親の躾が悪い、教育現場はなっていないなどあれこれ押し問
答をしているが、すぐにキレる子供たちを救い出せるのだろうか。キレる大人や
子供たちに著者が回答している、「しかられた経験がないから」と、「親や近所
の大人たち、同級生や仲間、先輩や先生などに小さい時から叱られた経験」が乏
しいのが根底にあるからだと。実社会は家族より、ずっとずっと厳しいのだから。
 ポジティブ姿勢で何事も前向きに捉えるのも一方かなあ。相手を思いやる心と
コミュニケーションは大切にしたい。着飾った言葉や有り触れた名言など出る幕
がないように、直ぐ側に息づいている何気ない言葉こそが肝要かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

備えあれば憂いなしではないが、交通事故の発生から解決までの流れが手にとるように分かる

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「交通事故」思いもよらぬ一瞬の出来事。一命はとり留めたが、後遺症がもと
で社会生活が制限される状態に陥ったら、あなたならどうしますか? 他人事と
言ってはいられない、いつでも危険と背中合わせなのだから。
 不幸にして交通事故の被害者になってしまったら「ケガの状態は、完治するの
か、後遺症は残らないか、治療費や入院費の支払いは、休業中の生活の保障は、
納得いく示談は?」など不安が先立ち、対処法を取得している人はほとんどいな
い。勿論、<自分だけは交通事故に遭わない>と思っているから、「前もって交
通事故の知識を仕入れる」ことなどないし、被害者になってはじめて「さあー、
どうしよう」と悩むくらいだから。この本は「交通事故の発生から解決までの流
れ」を平易に書き綴っているので、≪事故に遭遇しないことが一番だが≫。被害
者となってしまった人たちには、良き手引書になるのではなかろうか。
 私の家族も、交通事故に遭遇している。加害者は(事故を起こしたのは一度や
二度ではない)相当手馴れていたので、ほとんど太刀打ちできなかった。挙句の
果てにはこちらが加害者になりかけたが、最後の一点で逆転したのである。だ
が、治療費は再三請求したのだが払われずじまいで、逃亡されてしまった苦い経
験がある。あの時本書が手元にあれば、解決の路は違った結果がでたのでは?
 交通事故の加害者には、損害保険会社「専門機関の社員」が交渉に当たるの
で、どうしても被害者が割り損になるようだ。少しでも良い条件を勝ち取るため
にも、日頃から知識だけは溜め込んでおきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本息子たちと私 子供あっての親

2006/02/21 14:39

我が家の子育てをもう一度ふり返らせてくれた

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 親から子へ、子からまた子へ人間の織りなす絆や継承。伝説とまで言われ
た石原家の子育、その実態が今赤裸になる。<裕次郎と慎太郎、叔父と甥>
との関係、そこにあるものは? 親と子の環・生き様とは、我が家の子育て
をも振り返らせてくれた。「子供あっての親」現代社会の子育てに波紋投げ
た心温まる教育書である。
 親と子の絆、長男伸晃が生まれると同時に「父から父へ」親子の生まれ変
わりを感じたようだ。厳格だった著者の父親の子育、子供心にも厳しさだけ
が残っていたが、人の親になった今だから気付く、厳しさの中にも温もりが
あった父親像があったことを。だがこれも手練なのだろう、親から子へ、孫
へ続く道なのだから。かけがいのない弟(裕次郎)は放蕩三昧、薄給の「私
」にのしかかる家庭の重み、明日への希望などとても持てなかった一齣が其
処にある。
 しかしながら人生は分らないものだ。石原家を救った一冊、「太陽の季節
」が日の目を見たのである。第一回「文学界新人賞」後に「芥川賞」とダブ
ル受賞。いわゆる「慎太郎ブーム」の先駆けであった。「船員にでもなるか
とほざいていた弟も映画俳優となり、スターの座に登りつめる」と同時に
「破産破滅の低空飛行の危機を」奇跡的に脱出。真の石原家の子育てはここ
から始まった。
 著名人であるがゆえに著者の子育ては、その一挙手一投足に関心が寄せら
れていたが、子育ての中身は、我が家の子育てと大きな隔たりは感じなかっ
た。立場立場の違いで厳しさや温かさの温度差はあるが、親子の絆の環は同
じように見える。だが、違いがあるとすれば著名人がゆえに人としての責任
感だけは、子供の時から厳しく教え込んでいたようだ。子供を叱ることが苦
手な? 現代の親たちに、ある種の警鐘を鳴らしているのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年金を取り戻す必殺技はあるのか

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

社保庁の杜撰な管理から端を発し、消えた年金、宙に浮いた年金が5000万件を超え
たと報道され、慌てふためく国民。我先にと問い合わせに走る人々、社保庁機能はまひ状
態、政府の打つ手はことごとく後手後手、誰がこの責任を取るのだろうか。年金問題を掲
げた先の参院選は自民党の大惨敗。三日天下ではないが、安倍総理の突然の退陣からリリ
ーフ福田首相の登板、まさに波乱の幕開けだ。調査をすればするほどボロがでる年金や諸
問題、社会の混乱は一筋縄では治まらない。この本は消えた年金を取り戻した当事者のド
キメンタリーを交えながら、いかにしたら消えた年金を取り戻せるのか、解決策を伝授し
ている。

 老後の安定を目指し、納めてきたはずの年金記録が消えてしまうなんて、とても信じら
れない。現実にあなたの周りにも、当事者は沢山いるようだ。怒っているだけでは何も解
決しない、まずは以下の14項目にアタック。
 1・名前の読み方がいく通りもある。
 2・男女ともに使える名前。
 3・結婚で姓が変わった。
 4・養子縁組で姓が変わった。
5・転勤した経験が一度以上ある。
 6・転職した経験が一度以上ある。
 7・夫が会社員で、自分は専業主婦だが、パートの経験がある。
 8・大学を卒業した後、会社に就職した。
 9・結婚退職して専業主婦になった履歴がある。
 10・会社組織の家業を手伝っていたことがある・
 11・高校を卒業してフリーターをやっていた。
 12・引越ししたことがある。
 13・持っている年金手帳がオレンジ色だ。
 14・厚生年金基金がある企業に勤めている。
 おそらくどれか一つには、該当するのではないか。だが、これだけではない、「極論す
るば、もう誰もが、10人中8人や9人が、被害にあってもおかしくない」状況が起きて
いる。一つでも該当すれば、社会保険庁に出かけるのが第一。

 だがその前に現状を把握するため、独自の「年金用履歴書」を作成し、年金履歴を確認
してみても遅くない。自分の年金は誰もやってくれないのだから、老後の生活は今から築
こう。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

隠された病気の恐ろしさ、何よりも早期発見が大事

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某テレビでお馴染みの「本当は怖い家庭の医学」書籍版である。肩こり、頭痛、軽いせ
き、めまい、腹痛、関節の痛み、誰でも日常茶飯事に起こるできごと。だが、ここに重大
な病気が隠れているかもしれない。「そのまま放っておくと大変なことになりますよ。」
健康に関する情報は乱れ飛び、敏感になりすぎている。「何のための健康なのか」忘れ
ているのかもしれない。だからこそ正しい知識を身につけ、病気の治し方を自分なりに考
えていきたい。

 症例「頭痛」。「あなたは最近、ズキズキするような頭痛がしませんか? 耳鳴りがす
ることがありませんか? そして時折、身体のどこかに水泡ができていませんか? その
まま放っておくと大変なことになりますよ。」その正体は「帯状疱疹」。頭痛といっても
様々で、いろいろな病気が潜んでいる。自分の判断だけで決め付けないで、人生が与えて
くれた休日ぐらいと、軽い気持ちで病院の門をくぐってはいかがかな。仮に重大な病が発
見されても、生命まで及ぶのはごくまれなのだから。

 症例「げっぷ」。「あなたは食後にげっぷをすることはありませんか? 胸焼けがする
ことはありませんか? そして何より、食べてすぐに横になっていませんか? そのまま
放っておくとたいへんなことになりますよ。」病名「バレット腺ガン」。暴飲暴食の食生
活と、肥満体型の人は要注意らしい。

 あなたや家族に、当てはまる症状があれば、《備えあれば憂いなし》ではないが、一度
は専門病院を叩くのも一考かな。命の源泉を守るのも早期発見なのだから。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

桜の名所飛鳥山、武蔵野の面影残る石神井公園、かくれた秘境独り旅

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

懐かしくも幼少の思い出が蘇る公園、ボート遊びに講じた学生時代、夕暮れの待
ち合わせ、一面花に飾られた散歩道、己の心を優しく包んでくれる緑のじゅうたん、
“公園は不可思議”飽きる言葉さえ浮かばない。四季折々の光景は、雑踏の都会を
今日も洗い流してくれる。

無限に広がる草木の森、閑静な住宅街を包むように流れる源流、ひっそりとたた
ずむ緑橋を渡り、自然の夕闇に溶け込む緑の大地、まるで旧跡をたどりながら歩く
のか? 石神井公園。だが、我が胸中には、今でも生と死の間が過ぎる三宝寺池で
のボート転覆。まさに神業? 九死に一生。偉大な自然の恵みは我が手(カナヅチ)
を救い上げてくれたのだ。言い知れぬ感動、心底まで護り温めてくれた公園は、一
生忘れることのできない宝物である。

桜の名所でも知られる飛鳥山公園。8代将軍徳川吉宗が桜の若木1270本を植樹した
のが始まりと言われているが、見どころは桜だけにあらず、紫陽花やツツジも見事
に競い合っている。庭園には、旧渋沢庭園の趣深い建物や博物館、史料館などがあ
るので、史上探索には最適かな。もちろん心のケアーも叶えてくれる。

浜辺のオアシスお台場海浜公園、スポーツ&体験ができる駒沢オリンピック公園、
江戸時代にさかのぼるか小石川後楽園や六義園、ちょっとおしゃれな六本木ヒルズ
・毛利庭園など、とっておきの公園70箇所を紹介。行き方(地図)、開園時間、
休園日、入場料、P、売店などの詳細もある。

家族や友達、恋人同士で出かけるもよし、もちろん一人旅も乙なものだろう。楽
しい一日、心の洗濯にあてては如何かな。公園はあなたの訪れをいつでも待ってい
るのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

字幕文化と日本語どちらも大切にしたい

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 生まれ故郷の浅草は、映画の出発点でもあった。六区の街を着飾るように流れる
ネオンサイン、彩りも鮮明にそびえ立つ映画館、まさに一大絵巻の風がそこから発
信されていた。銀幕の世界を盛り上げてきた字幕屋稼業。「映画が誕生して一世紀
余り、日本で初めて映画に字幕がついたのは1931年」のことで、以来今日まで「字
幕文化は、映画翻訳の王道として」生き続けてきたのである。
 ≪活弁、吹き替え、字幕≫と、映画を楽しむ我々に、素晴らしき文化を貢献して
くれた主人公たちではないか。本書では「外国映画の翻訳にまつわる」苦労談や、
せりふという「生きた言葉」を通して、翻訳文も日常に密着した自然体でまとめて
いる。翻訳での絡み、製作会社との駆け引き、裏舞台での限りない手法などが分か
れば、一味違った映画の醍醐味を感じとれるだろう。
 字幕屋が指摘する「いまどきの日本語」に、やたらと多い<混ぜ書き語>。一例
だが「だ捕・誘かい・ばん回・危ぐ・そ上・じゅ文・真し」これはなんだろうね、
字幕には殆んど使えない。「新聞の見出しにもよくある《漁船だ捕される》。これ
ではまず《漁船だ》と読んでしまう。次に《補される》」と読んで、なにか変だな
と気付く、字幕の一場面では気付いた時には時遅し、それでもあなたは字幕映画を
観賞するだろうか。見出しでは納まっても字幕では通らないのだから。
 最近頻繁に使われている敬語や接続語、巷には「お・さん」が乱れ飛んでいる。
なにもかも使えばよいというものでもないだろう、まるでごり押しのようだ。某テ
レビでやっていたが、「社長が部長の部下に、社長室まで部長に来るように」部下
はどれだけ敬語を使えばよいのか? あなたは分かりますか。
 字幕屋が指摘する“乱れた日本語”知らず知らず使ってしまう、これからは少し
でも襟を正した使い方を心がけよう。日本語を引き継いてくれる子供たちのために
も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大事なマナーは後から学ぼう、まずはモラル溶解が先かな

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 学校給食費の未払いが20億円を越えたと言う。どうしてなのかと考え込んで
しまった。学校給食は「GHQ・連合国軍総司令部の号令で昭和21年から」わが国
では始まった。貧困と物量不足に蔓延り、小学生の体質改善と栄養不足を補う画
期的な一大イベントであった。その給食が様々な問題を投げかけているとは?
生活基準が変り、「給食を食べない子、食べさせない親」など、決まりを守らな
い現代社会の一端が見え隠れしてならない。どことなく斜め向きに進み出してい
る現実? 今一度、暮らしのマナーの再点検がありかな。
 社会秩序を守るための暮らしのマナーは大切だ。だが、その前にやらねばなら
ないマナーがある。指定された場所や曜日にごみを出さずに、放置する人たち、
「電車の中で、人目もはばからずいちゃついているカップル。大また開いて座席
を占領する若者。高級外車を乗り回す生活をしながら、給食費を払おうとしない
一部の親たち」。だが、もっとひどいのは「国民の選良のはずだった議員たちは、
本会議中でも携帯電話に忙しい」など、モラル溶解の例をあげればきりがない。
手直しのマナーはここからだろう。
 そして本題、暮らしのマナーといっても、ある程度は常識の範囲内で解決でき
るが、やはり大切なのは相手の心を尊ぶことから始まるのではなかろうか。本書
は、一章・結婚もマナー。二章・葬儀のマナー。三章・祝い事のマナー。四章・
お付き合いのマナー。五章・訪問する、されるマナー。六章・手紙のマナー。七
章・和食、洋食、中華のマナー。八章・ごちそうを食べるマナー。となっている。
 間違いでは済まされない葬儀のマナーや、訪問する、されるマナーには特に気
を付けたいと感じた。全体的によく纏めているが、全部は必要に迫られないだろ
う、時と場合はあるが、暮らしに役立つ事柄は覚え直そう。大切な一言に再認識
させられたのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たかが1万、されど1万価値ある1万円を楽しもう

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 都会の雑踏を離れ、至福の時間を求めて家族旅行のおともに、恋人同士や友人
たちで活用しても良い「1万円プラン」。〈旅は道ずれ世は情〉ではないが、楽
しい旅の始まりも事前の計画が大事。予算と目的地が決まったら、いざ出発進行。
 1万円の価値、あなたは想像できますか? 「東京タワーのライトアップ(電
気代)」2時間30分。「日本一高い駅弁」<松坂牛ヒレ牛肉弁当>。「東京か
ら公共交通機関で行ける一番遠い場所・山口県岩国市935.8km」の旅。「北海
道の原野・およそ39メートル四方」の地代。「国際電話の通話時間・アメリカ
約3時間8分、ブラジルやく43分」など価値を換算している。「私たちの身の
まわりのあらゆることを≪1万円≫という定規で測れば」価値ある利用法が見え
てくるのではなかろうか。
 遊びの達人おすすめ特選プランがある。食べ歩きには「デバ地下グルメで極上
の食卓(日本橋)」。「都内で世界の料理(恵比寿・渋谷)」「夜景のきれいな
レストラン(丸の内・築地)」などは、家族連れでも、恋人同士でもいけるので
はなかろうか。若者たちには「昭和ノスタルジーショッピング(中野・高円寺)
」やテレビ局オリジナルショップめぐりなどは、うってつけかな。
 久しぶりに銀座に買い物に出かけたついでに立ち寄った、デバ地下グルメ(日
本橋)。食卓を囲んでみて驚いた、《とっても美味で》デバ地下のイメージが1
80度回転したかのような、充実した食感がいつまでも消えることはなかった。
 数年前に「お誘いお楽しみプラン」があり、癒しの一泊旅行に出かけた。費用
も想定内の範囲に納まり、楽しい一時を過ごした思い出が心に残る。あの時ほど
とは思わないが、1万円一泊の旅に興味津々、近々、家族で出かけようと計画中。
新たな一頁が刻まれることを楽しみに。
 おすすめプランは、1万円で泊まれる、食べる、乗る、文化にふれる、癒す、
ショッピング、など様ざまなジャンルを楽しむことができる。“たかが1万、さ
れど1万”価値ある1万円を楽しもう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

27 件中 1 件~ 15 件を表示