サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 三崎 綾さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

三崎 綾さんのレビュー一覧

投稿者:三崎 綾

1 件中 1 件~ 1 件を表示

自分の体験が「夢か幻」で無い事を知らせてくれた本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者との出会い。
同じ出版社で、私が先に本を出して、著書はそれを見て私のサイトの掲示板に足跡を残してくれたのがきっかけだった。
著者のサイトに行くと、「臨死体験・気功・瞑想」と書かれて居た。
正直、「うわ〜なんて難しいサイトを運営してるんだろう。堅物なんだろうな」が第一印象だった。
掲示板やメールで会話をする中で、少しずつ著者の人間性に触れ、私は質問をぶつけて見た。
「夢か幻か?!と思う経験をしたんだけど」と聞いて見た。
著者は「それは綾さんの臨死体験です」と言った。

精神性疾患のある私は、本は読めない。テレビも見ない。新聞も読めない。
著者は、私の本を購入して読んでくれて居た。
感想をメルマガなどで、語っていてくれた。
だが、著者の本を読んで感想を言って上げようと言う気持ちにはなれなかった。
難しい事を理解する頭は、今の私に無いからだ。

本を購入して、先に主人が前書きを読み始めた。
3分もしないで主人が私に言った。「綾ちゃんには読めないで。難しいわ」と。
そうなんか。やはり今の私には、著者の本を読むことは不可能なのか?!
ところが読み始めるとこれがすごい読みやすい。丁寧に説明されて居た。
時間の経つのも忘れて、何時の間にか本に引き入れられていた。

専門科が書くような感想は私には書くことが出来ない。
難しい言葉を並べ立てる事も出来ない。
ただ、この本は題名からとらえるイメージとは全然違う。
私が経験した「夢か幻か?!」が臨死体験であった事がはっきりと理解出来た。
この「?!」を取りたかった私は、著者の本で「臨死体験」だと確信が持てただけでも、
読んで良かったと思える本である。
と同時に、著書のタイトルだけで「難しい本」と思っている方が居るのだったら、
それは違うと言いたい。
私の2度の「臨死体験」がこの本で証明された気がした。
そして、私の「臨死体験」の経験が、今の人生に大きく影響している事も確信した。
もしも、「あれは夢か幻か?!」と思う経験をされて居る方には、
この「?!」を取る為に、是非読んで貰いたいと思う本である。
「臨死体験」は特別な人が経験する事では無く、誰にでも起こり得る事であり、
その「臨死体験」がその後の人生を大きく変える。
私の今の人生は、「2度目の臨死体験」で確立された事だと言いきれる結果となった。
いろんな疑問が、この本を読んで行くことで立証され、
自分の頭の中で、また一つ整理が出来た事を感謝する。
タイトルで難しい本だと決めつけてしまった自分が恥ずかしいのと同時に、
自分の心の中にあった「疑問符」が取れた、気持ち良さでいっぱいになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示