サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 杏実さんのレビュー一覧

杏実さんのレビュー一覧

投稿者:杏実

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本劇場としての書店

2002/10/01 17:22

この人といっしょに働きたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 上京すると、時間のゆるすかぎり、この著者の働くジュンク堂書店には、立ち寄るようにしている。本好きにとって、ここは聖地である。
 書店を劇場にたとえているこの本は、タイトルだけでも目からうろこ、であった。
書店人であり、演劇人でもある著者の本領発揮!の本書は、本を愛してやまない者のバイブルとなる。
 読了していま思うことは、ただひとつ、この人といっしょに働きたい!!である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂の狩人 上

2002/10/01 16:56

新宿だったら、おまかせ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 暴力団組長の子弟ばかり狙った殺人事件が、たて続けにおこった。
警察を追われ、世捨て人のようになっていた元刑事が猟犬となって事件を追う。
 警察、暴力団、そして第三の組織の存在が……。
 新宿を舞台としながらも、『新宿鮫』とは異なる魅力を放つ作品である。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大極宮

2002/09/29 20:56

流行作家の日常って…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大沢オフィスの日常は、いたってハード。
しかし、よくゲームやってますね、宮部さん。いったいいつ原稿を書いてらっしゃるんでしょうか?
よく、仕事してらっしゃるんですね、京極さん。ブックエンドも最高でしたよ。たまには執筆して下さいね。
山椒太夫大沢さん、釣りとダイエット合宿ばっかりしてないで是非とも今年中に『標的走路』の復刊、お願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示