サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Shin1さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Shin1さんのレビュー一覧

投稿者:Shin1

1 件中 1 件~ 1 件を表示

旅のカケラ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 例えば、そこに、「売れセン」を見つけたと言う人もいるだろう。だいたいが、第1特集より第2特集の方が充実している雑誌、というのがヘンなのだ。表紙の中央部に居座る、一言「水曜どうでしょう」…。この文字を見るためだけに、少なくとも3万人のコアなファン(どうラー、と自称)は書店に歩むのだ。

 これこそ真っ当なサブカルチャーなんだ、と言われても、困ってしまう。一地方でささやかに流されていた小さな深夜番組で見られるのは、出演陣とディレクター陣の内輪もめ。色気も、趣向もない。でも、その番組が少しずつ周囲に広がり、DVDとされるとオリコンのチャートの上位に入り、BBSでは夜な夜な人生相談が繰り広げられる…。

 「一生どうでしょうします」と宣言したどうラーにとって、この永久保存版「水曜どうでしょう」は必携のアイテムになることは間違いない。現時点では、ほかに類書もないのだ。唯一問題となるのは、この雑誌が一般書店で購入できること。通信販売限定でも、ロッピーの予約でもないのだ。

 「水曜どうでしょう」は、全国の書店の店頭でどう扱われるのか。この雑誌は、今後を占う試金石と言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示