サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. のへぴょんさんのレビュー一覧

のへぴょんさんのレビュー一覧

投稿者:のへぴょん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本プチ哲学

2002/10/02 17:49

貴方も今日から、プチ哲学!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

だんご三兄弟の大ヒットでまたもや注目を浴びたCM作家佐藤雅彦殿が、雑誌「OLIVE」に連載した、絵つきプチ哲学解説本です。
例えば、「4 汝自身を知れ〜ある辞書の悩み〜」では、辞書君(いつもの佐藤さんの絵柄を思い浮かべてね)が「自分とは一体なんなのだろう…」と悩んで、隣りにいたコーヒーカップ君に、自分のページを開いてみせて、「ねぇ、何て書いてある?」って尋ねます。
辞書君は、自分(辞書)を引いて自分を知ろうとしますが、辞書君はその行為自体で、自分が何のために存在するものなのかをあらわにしているのです。でも辞書君自身は、どうやらそのことに気付いていないらしい。
この本はそんな風に、可愛い絵柄でちょっとヒネリを加えながら、普段とは違うモノの見方をこっそり教えています。だからプチ哲学。
哲学なんていうと、むづかしそうなイメージだけど、プチだから、「ちょっと考える」程度。でもそのちょっとが楽しいんです。
ものすごい発想の転換だって、この「ちょっと」から生み出されるものなんですヨ。

最後には、漫画家の中川いさみさんとの対談が収録されています。
中川いさみさんは、4コマ漫画で常識を超えたキャラや設定により笑いを生み出す達人ですが、実際のところは「普通の人」だと言います。
そうです。「普通」が分かっていないと「ヘン」は分からない。
中川さんも佐藤さんも、「当たり前のこと」をちょっと疑っていじって、面白いものを生み出すのです。
そう、「当たり前のこと」の中には、面白いものがたくさん含まれている。
逆に言うと、面白いものを作り出すには、当たり前のことというのは偉大な存在なのです。
どちらも尊重しつつ、どちらもいじくって、いいものを生み出しましょう。
さぁ、貴方も今日から、プチ哲学!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示