サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミコさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ミコさんのレビュー一覧

投稿者:ミコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本海辺のカフカ 上

2002/10/05 12:46

根底に流れ続けているもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 15歳の誕生日に少年は生まれ育った家を出る。これ以上、自分が損なわれることのないように──。
 小説、エッセー、ノンフィクション……どのような表現形態でも村上春樹の作品は、根底に流れているものはすべて同じという印象を受ける。それは、単にシンボリックなものが重複しているからというわけではなく(図書館、猫、雨、料理、音楽……)、書くスタンスが一貫しているためだと思う。それがとても心地よい。
 『海辺のカフカ』では、少年と老人、生と死、日常と異界。相反するもの、そうでないもの、隣り合うものが渾然一体となって、静かな世界を形作っている。舞台も背景も実にリアル。そのまま現代の日本だ。なにしろ東京・中野区と四国・高松。超現実的なことが起こるには、リアルに過ぎる。であるのに、軽やかな文体は、あっさりと現実と非現実の境界を超えてしまう。
 大通りから一歩脇道に踏み込み、裏道や獣道さえ通り抜け、また大通りに戻る。淡々としているのに圧倒されるのは、この世界ではタフであることが求められているからだろう。等しく、基本的に。
 よどみなく展開していくストーリーをただ追っていく。それは、跳び上がる前のバッタをじっと見詰める気分によく似ている。ポジティブシンキング、読後そんな言葉がふっと浮かんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示