サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こうたろうさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

こうたろうさんのレビュー一覧

投稿者:こうたろう

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本二十億光年の孤独 詩集

2003/07/21 18:26

谷川俊太郎が宮沢賢治だったころ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何度そらを見上げたのだろうか。東京の空からこのような言葉たちが降りてきたとは信じがたい。でも『二十億光年の孤独』は、たしかにそこにある。青年だった1人の男は、はるか宇宙へと昇り、そこからこの世界を見透かした。
 思うにそのとき青年は、宮沢賢治だった。「ネリリ」し「キルル」し「ハララ」したのは青年だったが、そうさせたのは宮沢賢治だった。
 しかし詩を書いたとき青年は、谷川俊太郎以外の何ものでもなくなった。彼は「思わずくしゃみを」した。

 谷川俊太郎が宮沢賢治だった。そんなことがわかるのは、この処女詩集をおいてほかにはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひとはなぜ服を着るのか

2003/07/21 18:09

わたしは個(ひとり)か?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自分のことを考えることが、他人のことを考えることにつながる。著者の作品群を読むことは、世界のことを考えるひとつの態度として、たぶん私以外の人にも必要なんじゃないかなぁ?
 「じぶん」とか「自己」とかいうとすぐに、自意識過剰な暗いヤツだぜと、私は思っちゃいます。「サルトルの実存主義が云々」なんて言われても、正直しんどい。
 でも「じぶん」って、何? ココロ? それって本当にあるの? 見たことないのに? 身体? 風呂に入ってない人は、存在自体がすべて汚いの?
 『じぶん〜この不思議な存在〜』や他の著書に代表されるように、著者の態度は一貫して「じぶん」を問い続けます。服のポケットに手を突っ込まれて不快になるのはなぜ? 《顔》という,自分では見ることの出来ないモノが他人にとっての《じぶん》だとしたら、《じぶん》とは何か? …etc。
 自分に問う哲学のような形式でありながら、私たちに問い掛けてくる著者のことば。
 私たちは、本当にひとりか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はるかな国からやってきた

2003/07/21 17:37

いつもそこに、詩が。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 詩って、つまりはことばなんですよね。現代詩文庫シリーズに代表される詩のカタチに慣れてしまった私は、書かれた文字の羅列としての一面でしか、詩のことを知らなかった。
 口に出したっていいじゃん。っていうか出そうよ。そんなメッセージが伝わってくる谷川俊太郎さんの詩を読むと、知らず知らずの内にいつも「申し訳ない!」と反省してました。
 『はるかな国からやってきた』。いいトコ取りの詩集ですよね。こんなにもいい詩編ばかり集められちゃったら、収集家としては口惜しい思いにさせられます。
 詩というものは、読んだり書いたりするだけじゃなく、口に出していい。だからこそこの、ポケットにスッとしのばせておけるようなサイズの詩集は、それだけで、《詩》という行為のひとつのカタチなのではないでしょうか。

 お昼休みにサッとポケットから取り出し、謳う。幸せで、思わず涙が出ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示