サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あきらさんのレビュー一覧

あきらさんのレビュー一覧

投稿者:あきら

1 件中 1 件~ 1 件を表示

大密林

2002/10/09 12:26

一気に読めます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

密猟される動物達を救うべく、信念を持って活動しているアリスン。若くて強くて美しいヒロインはありがちだが、このアリスンは二人の娘の母親、娘は二人ともすでに20代である。そのアリスンがボルネオの密林で何者かに襲われ、長女を殺された。本命を仕留め損なった敵は、帰国したアリスンを執拗に追い、生活を脅かし、命を狙う。夫とは不仲で、次女と自分を守ってはくれない。アリスンは自分のすべてをなげうって敵に立ち向かう。敵の黒幕は? 次女の命は? 最後まで伏線がきいていて気が抜けない。

守られるヒロインでもなく、かといってマッチョでもない。娘を殺されたアリスンの悲しみが、全編に漂っている。仲良しのオランウータン、ブルームの檻に入って、彼の胸に頭を預け、二人で深いため息をついてじっとしている場面は、読んでいる身でも癒される思いがする。

また、アリスンを支える個性的な人々の魅力もさることながら、アリスンを狙い続ける双子のレイとオーロンの人物描写がすばらしい。双子でありながら自分には理解できない弟に苦悩するレイは、ただの残酷な悪役ではない人間的な深みが感じられる。

アリソン同様に運命を翻弄されるのが、ボルネオから連れてこられた一頭のオランウータン、こちらも最後まではらはらさせられる。動物好きの目からも楽しめる部分である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示