サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みのがさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

みのがさんのレビュー一覧

投稿者:みのが

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本ねずみのでんしゃ

2003/01/08 12:33

ちゅーちゅーごーごー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学校に行きたくないとだだをこねる子供たちに、お母さんねずみが一計を案じました。夜の間に青い毛糸の玉を2つ、学校まで転がして電車の線路を作ったのです。朝、毛糸の線路に立ったお母さんは「ぴーぽー チュウがっこう行き電車、しゅっぱーつ!」と叫びます。子供たちは大喜びでお母さんの後につづき、電車ごっこをして走ります…
男の子って、どうしてこんなに電車が好きなのでしょうね。はじめて読んで以来、毎日、お昼寝と夜寝る前にせがまれています。
ちゅー ちゅー ごーごー
ちゅー ごーごー
と、いっしょに歌いながら聞いています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はじめてのおつかい

2002/10/10 10:09

1000円の牛乳

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供の頃、おつかいを頼まれ、100円をにぎりしめ、いつものマーケットに牛乳を買いに行きました。
「牛乳1本ください」と言ってお金を出すと、お店のおじさんに「はい、1000円ね」と言われ、冗談だとわからずに青くなった記憶があります。おじさんはいつもの笑顔に戻って、汗と熱でてのひらにはりついた100円玉を受け取ってくれました。
この本は、何度も子供たちにせがまれて読んだため、表紙がぼろぼろになってしまいました。物価が変わり、消費税がついた複雑な数字の値段になった今でも、みいちゃんの体験した小さな冒険は、変わることなく子供たちの共感を呼んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あいさつ本の決定版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楽しく読めるあいさつに関する絵本をずいぶんさがしましたが、日常生活に使われるあいさつを過不足なく網羅したこれは、あいさつ本の決定版だと思います。
朝起きてから、夜寝るまで、色々なシチュエーションで交わされるあいさつの言葉が見開きページにひとつずつ絵と文で示されていて、絵を見ているだけで、こんな時にはどんなあいさつがふさわしいか、子どもにもわかるように構成されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示