サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. iCHiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

iCHiさんのレビュー一覧

投稿者:iCHi

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本バムとケロのおかいもの

2007/02/14 14:21

ほんとはひみつにしときたいくらい大好きな本「バムとケロのおかいもの」

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一番最初のバムとケロを見たときは正直あまりかわいいとは思いませんでした。
と・こ・ろ・が、この本のすごさは多分周知の事実だと思いますが、とにかく徐々に夢中になってくる絵本です。
この本の伝染力はほとんど病気に近くて、うちに来てこの本をみたお母さんがた半数くらいは「うちも買っちゃった〜」となります。
アクリル絵の具のマットな感じに、こまかく丁寧描き込まれた本、インテリアが素敵という声もよく効きます。
ですが、なんと言っても一番の魅力はちょこちょこと小さく描かれたストーリーを感じるキャラたち。
おじぎちゃんにやめぴと、名前もふるっていますが、それだけではなく「うちに帰ったガラゴ」にでてくるこみみさんや、こみみさんが持ってくるおなべカバーの布地(!)「バムとケロのさむいあさ」でねずみさんが無くしたやかんを購入している。などなど、さらりとてんこ盛りに盛り込まれていて探すのが楽しい!!
購入して一年以上経ちますがいまだに発見がある楽しい絵本であります。子供も大好きだけれどはっきり言って母の方がはまっています。
内容は、月に一度のお買い物の日、ケロちゃんはめずらしく早起きをして朝ごはんをつくってくれる。
市場はたくさんの店がでて大盛況、あれこれ買ってお昼ご飯をたべて、大満足でみんなでおうちに帰ります。
次の日の朝、ケロちゃんは「どうしても」といって買ったそこがぼこぼこの古いフライパンで、楽しいカエル模様のパンケーキを焼いてくれました。
それにしても、バムとケロの関係って何なのかしら。
最初は、「親子みたいな関係か」それにしては犬とカエルだし(ガラコの中にケロちゃん誕生秘話みたいなのもあるし)・・・甥と姪みたいな関係?いろいろ考えていたのですがこの間解決しました(自分の中で)。
この二人は夫婦なのだ!!バムが夫でケロちゃんが妻。奔放な妻に手を焼きつつかいがいしく世話を焼く夫。ようやくなんだがしっくり来ました。愛が無ければあんないたずらっ子のケロちゃんとは暮らせないということです。
なぜ親子愛だとピンと来ないのか?きっと私の中にある親子関係から行儀しつけがすっぽり抜けているからではないかな。あくまで私がそう思うだけで作者の島田ゆかさんには別の腹つもりがあるとは思うのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示