サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひで らぶさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

ひで らぶさんのレビュー一覧

投稿者:ひで らぶ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

一気に読んでしまいました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本を手にしてから、毎日明け方3時まで読んでしまいました。
おかげで寝不足です。
待ちに待った第四巻! 上下巻でしたが、ページ数は気にならずハリーにハラハラしつつ読み終えました。
内容的には凝ったシナリオは相変わらずでしたが、登場人物の多さが困ってしまいました。何度か人物確認をしないと先に進めない場面がしばしばありました。「この人は前になんか変な行動や気になる言葉を言ってたなあ」なんて感じで。
今までの作品よりもハリーが成長しているからこその心理状態や思春期ならではの悩みや苦しみが描かれていて、読んでいる自分が大人だけにもどかしさや、忘れていた「ときめき」のような感情が沸いて来たりして楽しめました。
個人的には、この四巻に関して、これまでの一巻から三巻を読み終えた後の爽快感が得られなかったというのが感想です。これから先の発売される本への序章的な要素が多いせいもありますが、ハリーが子供から青年になっていく成長過程での無邪気さや、ある意味子供だからこその無謀さが無くなっているからかもしれない。
ハリーの成長物語でもあるのだからそれが描かれていることはすばらしいのだけれど、私が母親になる前の少女時代の気分に戻り、この作品で少女であった自分をもう一度味わっていたせいもあって寂しい気分になっているからかも知れませんね。
ますます次の第五巻が楽しみになりつつも、七巻で終わる予定ということで、あと残り三冊という現実にまた寂しさが募ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示