サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. じゃいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

じゃいさんのレビュー一覧

投稿者:じゃい

20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本WELL

2007/02/23 01:36

絶望的な状況での無垢な希望

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある日、空が急に明るくなり全てのものは砂になり、さらさらと崩れていった。そして地上は砂漠になった。助かったのは、地下にあった人や物だけ。
わずかに生き残った人々は水や食べ物を奪い合うようになる。
まさに北斗の拳の世界だ。『199X年、世界は核の炎に…』と始まりそうだ。
北斗の拳は見方によっては、かなり笑えるのに、こっちは全然笑えない。
代々、代議士の一家の亮介と、その家の家政婦の息子しのぶは子供のころから主人と家来の関係だった。頭がよく、要領の良い亮介は、頭も要領の悪いしのぶを友達とは思っていなかった。
学校帰り、二人は偶然、地下にいたため、難を逃れたが亮介は足を怪我してしまい、動くことすらままならない。食べ物もなく飢え死にすると焦る亮介と亮介さえいればいいというしのぶ。そんなしのぶに苛立つ亮介。
この砂漠化がどの程度の範囲で発生しているのか。どれだけの人が存在しているのか。助けがくるのか全てが不明。
亮介は性格が悪い。お腹がすくのもこんな目にあっているのも、全部しのぶのせいだと文句を言う。いないと困るのが分かっていて、しのぶに頼っていることに苛立ち、八つ当たりをする。しのぶのことは「もの」としか思ったことがない。亮介にとってここは絶望的な世界。
しのぶはたった一つの大切なもの、亮介を守る以外に何の関心もない。自分の命も他人の命にも。ただ一緒にいてほしい。ここでは亮介は自分がいないと生きていけない。自分のことが嫌いでも一緒にいられる。しのぶにとってここは幸せな世界。
荒れた状況のなか、しのぶは自分の人生で唯一のものを守るため、行動がエスカレートしていく。
なのに心はどんどん無垢に向かっている。
そして守りたいはずの亮介までも、しのぶから向けらる圧倒的な執着に巻き込まれ自分を見失いそうになってしまう。
二人は人の愛し方が異なるから、こんなことになってしまうのだろうか。
幸せは人によって違うなんてことは、理解できるし、しのぶのように相手を巻き込むような愛し方は間違っている。
でもそんな激しい感情をもてるしのぶがうらやましいような妙な感じがする。
この話は感動のドラマではないし、たんたんと進んでいく。
このリズムがひどく切ない。
正直、この話がおもしろかったのかよく分らない。
ただ、この世界に引き込まれ自分の判断基準をぐらぐらと揺らされてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

潔さとは?

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

麻原彰晃の判決が確定した際に、被害者遺族はなにも語られることなく、この裁判が終わってしまうことを残念に思うとを語っていた。私はこの言葉がいまいち理解できず、延々と長引くことなく判決が出たことに、良かったのではと思っていた。この本を読み、初めてこの被害者遺族の言葉をすこし理解することができた気がする。なぜこんなことが起きてしまったのかを知りたい。
著者は学生時代からの親友である豊田が、なぜサリン事件の実行犯となってしまったのかを、「7つの明らかにしたい問い」への答えを探すという方法で解き明かそうとしていく。7つの問いは「なぜ、人々はオウムや麻原彰晃に心酔したのか」など、だれしも疑問に思うことである。それらに著者および親友である豊田がかつて学んだ物理学、科学というものをもとに、できる限り客観的な視点で解明していこうとする。
豊田という人物は、黙って自分の行なった過ちの責任をとろうとしている。だがそれでは何もかわらないのだということ。過ちを認識しているからこそ、なぜこの様な犯罪を起こしてしまったのか、公の場所で論議されなけらばならない。嫌なものに目を背け、早めに結論をだしていては、再犯を防げない。原因を明らかにし、防止する仕組みづくりをみんなで考えなければいけないというこなのだ。そうでなければ、いつまた同じような犯罪が起こるかもしれないということ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

窮鼠はチーズの夢を見る

2007/11/19 18:48

怖くても欲しいもの。

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

優柔不断な性格から大した罪悪感もなく不倫を繰り返してきた恭一。
そこへ妻の依頼で浮気調査をしていた、大学の後輩の今ヶ瀬が現れる。
妻へ不倫の事実を伝えない。但し、「貴方のカラダと引き換えに」
「男とセックスするのは怖いですか・・?ならキスだけならどうです。」

学生時代からずっと好きだった。
なんでこんな男を好きになってしまったのだろう。
ただ周りに流されるだけの。浮気も離婚も。
常に自分から言い出したんじゃない。向こうからと。
今の関係だって、お前が勝手にと。世間に通らないと言いつつ中途半端な関係。
期待してしまいそうになる。立ち位置を間違えそうに。
もう開放してくれ。

今ヶ瀬との関係は、居心地がいい。
でも普通の男の自分には選べない。
あいつだって、自分がいなくなれば、すぐ他のところにいくんだ。

恭一は求められたら、答えないと。何も考えずにいられるほうへ。
根底にあるのは、必ず自分から求めて拒否されることへの恐怖。
そのために、周りの人が傷ついても、気がつかない。
そして、今ヶ瀬は恭一のことなら自分や周りの人を傷つけても欲しい。
どちらにしても、周りの人には迷惑でしかない。
恭一の流されっぷりには、かなりいらいらするし。
今ヶ瀬も自分の恋人の前で、恭一を口説いたり、性質が悪い。
そんな二人がそれぞれ、傷つくのが怖くて逃げ出そうするのに、追い詰められていく様がひどく切ない。
そして相手を怖いと思うような、強い恋愛にあてられる。
途中でやめられず、一気に読んでしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はつ恋

2009/10/21 22:39

先生だって普通の人なのです。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公は高校の先生と再会することで、当時は解らなかった人々の内面に触れていく。

子供の時と言っても、今回の主人公である高校生の頃もぼんやりと先生や親は間違ったことをしないと思っていた。
さすがに高校生にもなると、小学生とは違うが、やはりどこか先生を聖職者のように感じ恋人の存在などはイメージがあまりよくなかった。

また親に対しても、無条件の愛情を期待していた。
親が子供に対して、暴言を吐いてしまうことがある。もちろん良くないことだが。
親にとっては、深い意味があったわけでなく、不注意で発したことを、子供はずっと覚えている。
その後、どれだけ可愛がられたとしても、本心では自分のことが嫌いなのではないかと疑ってしまう。

自分が子供を持つような歳になり、徐々に先生や親の気持ちのほうが理解できるようなり、先生や親も普通の人で、誤ることがあると思える。
その反面いくつになっても変らないものもある。
その感じが主人公を通じて、絶妙に描かれている。

子供の頃、大人に「まだ若いから、歳が経つにつれ考えも変っていく」といわれ苛立っていたのに、今度は自分が子供に諭すように言うようになるだろう。
自分がそうであった様に、子供には伝わらないが。
年齢または経験の壁は分厚そうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本沈黙 改版

2007/07/30 00:38

守るべきもの

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ポルトガルの教会に、ある教父が遠い東洋の島国で信仰を棄てたという連絡が入る。
尊敬していた恩師の棄教が信じられない3人の若い司祭は、日本に向かう。
その3人のうちの一人が教会へ向けた書簡という形で話が始められた。
内容は歴史の授業で学んだであろう、激しいキリシタン狩りの状況。

神はなぜ沈黙しているのか。
あなたを慕っている人間がこのようなひどい目にあっているのに。
心を引き裂かれるような叫び。
なぜ。なぜ。

特定の宗教に信仰のない私にはどこまで意味が理解できているのだろう。
キリシタンにとって神というものがどういう意味を持つのか?
私がこの本の中から読み取れたことは、全てを愛すもの。
ではあなたは沈黙しているのですか?

本の中で主人公はある一つの決断をする。

私はこの主人公の決断にテレビや本の中のヒーローを思い出した。
ヒーロー達は守るものがあるから強くなれるという。
本では神の御助けがあったため、拷問にも耐えられるのだという。
自分のなかの守るべきと信じるものを、守るため。
主人公の下した決断も、なにかを守るためだったと思う。
信仰。信念。愛。いろいろ考えたが、よくわからない。
ただ、守るというのはいろいろな方法と見え方が存在するのだと。
一つの行動がある面からみれば、とても残虐に見え、ある面から見れば慈愛に満ちたものかもしれない。

主人公がなぜ。なぜと葛藤している姿は、著者本人と重ねて見え、ひどくつらい。
だがそれを上回る感動があった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本箱の中

2006/11/28 01:33

まっすぐな愛情には応えなくてはいけないのか?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

堂野に褒めてもらいたいためだけに絵を描き、ありがとうを言って欲しいために世話をやく。堂野のことを同じ部屋の芝は普通の男だという。喜多川は普通がどういうものか分からない。でも堂野は見返りなしに、頭をなでてくれる。何かをすればありがとうと言ってくれる。堂野は特別だ。
堂野は痴漢の冤罪で逮捕され、最高裁まで争ったため、実刑判決をうける。入れられた雑居房には喜多川、芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯した男たちと一緒で、堂野は馴染むことができない。寒くても毛布一枚自由にすることができない、規則に固められた日々。慣れない生活に戸惑う堂野にたいして、19歳から9年間を刑務所で過ごしている喜多川は堂野を構いはいじめる。
恵まれていない少年時代を送り、そのまま刑務所へ入ってしまった喜多川は刑務所で初めて特別を見つけてしまう。一方、堂野はいままでごく普通の人生を送ってきた筈だった、なぜこんなことになってしまったのか。だがこれからは平穏に暮らして生きたい。喜多川を受け入れることはそこから、はみでてしまうのだ。
この著者の本をこの本ではじめて読んだが、暗い部分も明るい部分も全て、目の前に差し出される様な感じを受ける。
良くも悪くも人と人とが関わり合っていく上で、何もなかったことにはできないんだよと。物語はきれいな部分だけではないんだ。そして気がつくと、その隠しておきたい部分に引き込まれていた。
題名になっている『箱の中』は、刑務所の中での堂野と喜多川の話である。そして出所後の喜多川の話『脆弱な詐欺師』が書き下ろされている。またこの本の後編となる『檻の外』では、刑務所を出てからの堂野と喜多川の話が書かれている。
人生の中で特別を見つけてしまった喜多川は幸せなのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひとかげ

2008/12/03 22:41

ひとりで決めないで。私もいるよ。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

内ももに小さいとかげの入れ墨があるので、私は彼女を心の中でとかげと呼ぶ。
気功師のとかげは自分を罰するように、すべての気力を治療に使い、いつのまにか私以外とは、ほとんど口もきかなくなってしまった。
私は衝動的にとかげに結婚を申し込んだ。とかげは「秘密があるの。」と言った。
児童専門の心のクリニックで働く私は、将来どの方向に進むべきなのか迷っている。
そんな状態でとかげのような難しい人とは結婚すべきではないのかもしれない。
でも、とかげがいい。


「とかげと私」には家族に対するイメージがすごく少ない、または偏っているのだろう。
人は過去の経験や周囲から得た情報で自分のすべきことを知る。
家族になるのだってそうなんだ。
自分の育った家族を基本にして考える。
それが素敵な家族なら、それをイメージしていけばいいが、そうでもない場合もある。
さて、どうすればいいんだろう。
それ以外の本物はみたことないし。テレビや本にでてくる家族はうそくさい。
家族というものには奇妙な重さがあり、それが安心感にもなり、重圧にもなる。
相手のことは好きだ。ただそれをいつか重圧に思うことがこわい。

必要なのは相手と向き合うことなんだ。
自分ではいい家族をつくることはできない。と思うことがあっても、それは一人で決めることじゃないんだ。
とかげは
「なんでも起こりうるんだね。」
「今のことしかわからないんだわ。」と言う。
どういうのがいい家族なのかわからないなら、とりあえず自分達が幸せになってみればいい。
いま幸せだねときちんと伝えることが大事なんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

王子。そこからですか。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幽遊白書とかHUNTER×HUNTERはすきだけどと。
表紙の絵に怖気づいて手を出さずにいて、勿体なかった。

地球にはいっぱい異星人がいて、それに気が付いていないのは地球人だけ。
一応、主人公は宇宙人の王子様。でも話によっては他の人の場合も。

このマンガは魅力は話のふり幅の広さ。
ダークな感じから感動まで、一つの話にてんこ盛りなのに、どれもはずさない。まさかこのマンガに感動させられるとは。
そしていつも意表をつかれる。どんな変化球がくるのだろうかと構えていたらボーリングの玉をなげられたような。打てねえよ。。
久しぶりに声を出して笑いながら読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大人になった瞬間を覚えていますか?

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いたい。痛くて続きが読みたくない。でも、もしかしたらラストではこの痛みが解消されるのでは。そう思いながら読んでいた。
七竈は母親がいんらんなためとても美しく生まれてしまった。
七竈の母親である優奈はある日突然、辻斬りのように男遊びをしてみたいと思った。
それまでの穏やかなふわふわとした白っぽい丸の存在であった自分を変える手段として、男遊びを真剣に選んだ。
そして辻斬りのように七人の男と遊び、妊娠した。
七竈の生まれた田舎では、過ぎる美しさは呪いでしかない。
同じく美しすぎ異質である少年、雪風。七竈と雪風は鉄道模型が好きだ。異性などどうでもいいんだ。鉄道模型のほうがよい。
美しく生まれてしまった七竈という少女はかわいそうな大人たちと関わり、大人になっていく。
大人になるには痛みを乗り越えなければいけない。なんだその夢見がちな大人発言は・・と普段なら思うことを考えてしまった。
七竈はいろいろな痛みに出会う。
私はいつも季節の変わり目があまり実感せず、ふとあ、暖かい。春なのだ。と突然、季節が変わる気がする。
私のなかでは、大人と子供の変わり目も同じような気がする。あ、自分は子供ではないのだと思った時が境ではないだろうかと。
七竈にとっては、気づかない振りをずっとしていたのに、気づいていることを認めてしまった瞬間かもしれない。
本の帯に書いてあった『圧倒的に悲しい』という言葉がとても納得がいく。
この本を読んで、大人になるってなんだろうと考えた。痛みに鈍化していくのだろうか?
十七歳の七竈のような繊細さはなくなってしまったのだろうか。
ただ、七竈と関わっている大人たちはみな痛みを抱えている。そして自分も。
まだ答えは分らないけど、痛みに鈍化するのでなく、痛みを内包していくような気がする。
ふと以前に、テレビかなにかでみた老人介護の人の言葉を思い出した。
『老人は赤ん坊と同じ。人は最後は赤ん坊に戻っていくのだ。』
別に死後の世界等を信じているわけではないが輪廻転生、全ては巡っているのかもと思う。
痛みを感じた七竈には自由が待っているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本約束

2007/09/28 01:04

かなしいけどやさしい

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

親友のヨウジが自分を助けて殺されてしまった。
ヨウジはぼくのあこがれ。英雄だった。ぼくはヨウジになりたっかた。
なぜ自分ではないのだろう。ヨウジがなぜ。

あまりにも辛いことがあった。怪我はしていないが意識が自分を苛む。
自分を痛めつけ、目に見える直接感じられる痛みで心の痛みとの均衡を獲る。
終わりにすることが、とても魅力的に感じられるのだ。

辛いのもわかってるし、それを乗り越えるのが大変なのも。
それでも生きて欲しい。痛烈な願い。
周りで見ているだけの私達の勝手な願いであり、エゴかもしれない。それでも。

タイトルにもなっている『約束』を含め、7つの短編が収録されている。
『約束』は池田小学校の事件を題材に書かれている。
主人公の少年は親友の喪失を受け入れることができず、自傷行為をおこなってしまう。
そのほかには、学校へ行くことの意味を見いだせない不登校児。
不倫相手と交通事故で死んでしまった夫と、ストレスから耳が聞こえなくなった息子を抱える母親など。

人生の目的のようなものを見失ってしまい、立ち止まっていた人たちが、またゆっくりと歩き出す物語。
どの話にも強引ではなく、とてもやさしく。すこし前を向いてごらんと誘われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

脱力ファンタジー

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この世の中には、人間と魔法使い、そして悪魔がいる。

魔法使いはどこからか突然、どこでもドアのような扉から人間がいるホールへやってくる。そして、人間を魔法の練習台にするのだ。ホールには練習台にされて虫男や得体のしれないものにされた人間がいっぱい。

カイマンは魔法使いのせいで顔をトカゲに変えられたらしい。でも昔の記憶がないから本当かどうかは不明。
元に戻すにも、自分だけはなぜか魔法がきかない。それになぜか口の中にはだれか別の人間がいるらしい。とりあえず、魔法使いの頭を片っ端から口の中に突っ込んでみよう。そうすると口の中の奴は『こいつは違う』といってくれる。
親友のニカイドウも手伝ってくれる。よしがんばるぞ。

話はちょっとグロテスク。個人的にはHUNTER×HUNTERに似た感じがする。
内容はちょっとグロテスクなのに、魅力的なキャラクターにとても惹かれる。人間、魔法使い、悪魔どれをとっても個性が強く、どこか笑えるのだ。
まあHUNTER×HUNTERの主人公は平和ずきなのに対して、こちらは『違う』といわれたらもういらない。魔法使いを殺してしまうが。
血みどろのバトルがあったと思ったら、突然ゆるーい笑いが出てきたり。この絶妙なバランスがすごくいい。

魔法使いは普段、マスクをかぶっている。それは心臓の形だったり骸骨だったり。実はそれは年に1度、悪魔がつくっている。但し、悪魔が気に入ったものにのみ。力の弱い魔法使いは悪魔に贈り物を用意して、気に入ってもらおうと努力したり。作ってもらえない場合は、残念ながら自分で準備。悪魔はマスクの出来が良いと花をくれる。

メインのストーリとは関係がないのに、妙に凝った設定があったり、これもこの奇妙な世界感を作り上げる一因なんだろう。
この不思議世界をぜひどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本クワイエットルームにようこそ

2007/09/04 23:04

気がついたらクワイエットルーム、本格的な絶望に笑っちゃえ。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

気がついたら精神病院の隔離部屋で拘束されていた。
そういえば、同棲している彼氏で放送作家の鉄ちゃんと喧嘩して酒を飲んだんだ。
つまみについうっかり精神薬を食べ過ぎた。うっかり致死量分。
で、精神病院に入院。全く死ぬ気なんてないし。でも反論できないししょうがないか。
って自分の頭燃やしちゃう人と同じ括りかよ。
無理です。ごめんなさい。わたし普通です。

気がついたらオーバードーズしていた28歳のバツ一のライター。
飲みすぎた精神薬は離婚の際の軽い鬱でもらって、面倒で飲まなかった薬。
保護者の承諾がないと退院できないのに、保護者の鉄ちゃんは番組の企画でミャンマーへ。
ここには拒食症に鬱病にアル中、なにが普通なのか。はやくでたい。

本のあらすじには絶望から再生への14日間。
内面世界をグルグルして現実それとも幻?の話かと思っていた。
でも実際にはそんなことはなく、現実にいそうなちょっとテンション高めな女性。

お酒に酔ってる時など、(この主人公の場合は、精神薬でだが)意識が曖昧な時の言動は、素なのか。それとも勢いか。
勢いづいた素なのか。
ただ、そういうとき、もう忘れていたことが、自分の口からでて。そうか、自分は忘れてなかったのか。
と、ほーとさせられることがある。
普段は自分すら騙せちゃうのだ。常に人は自分から見れば普通なのかもしれない。
普通かどうかは別としても、まずい方向には進まないために。
あれちょっとずれぎみ。と気がつかなくてはならない。そして面倒だけど、ずれた原因を認めてやらないといけない。
であとは時間が解決するんじゃないの。どんなに辛くても腹は減るみたいな感じで。
話の題材の暗さに対して、ひたすら軽く、全般的にただよう、うっかり感がたまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わにとかげぎす 1

2007/07/24 23:08

ファンタジーとリアルの分量

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友達もいない。恋人もいない。夢もない。あっ俺、人生に遭難してる。ことに気がついてしまった。先週。
仕事はショッピングセンターの深夜の警備員。32歳。
先週までのことを思い出せば、ただただ寝てた。子供のころからずっと。
今は仕事をサボって、屋上で筋トレと流れ星に友達が欲しいですと祈るくらい。
そんな日常に、「頭がおかしくなって死ぬ」という手紙。
美人だけど、どこかおかしげな隣の住人。
なぜか家に泊まっているホームレス。
突然なんなんだ。友達欲しいとか願ったからか。もうおなかいっぱいです。。


美人な隣人はなぜか主人公が大好き。ってファンタジーだろ。
対してやたらとネガティブな主人公。親しくしてくる隣人に、なにか危ない人なのでは?それが現実だよ。
人生に遭難しているのに、なぜかどうでもいいと思えない。
別にいい人になりたいわけじゃないし、でも。。
前向きではないけど、後向きではない。せめて横動きで。
ぐだぐだなのに、なぜか魅力的な主人公に、せめて自分も横動きで進もうと背中をおされる。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中級レベルの人に

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新しい言語を学ぼうとするとき、ネットなどでもいろいろ勉強サイトがあるものの、やはり1冊は解説書を買ってみたり。だた、一般的に売られている入門書みたいなのを購入すると、そこに書かれてある通りにつくる事はできるけど、実際の業務では使えないことが多い。実務でもっと細かいことが必要になると、こんどはサンプル一覧を購入したり。
この本はそれが解消された。何かしらの処理について説明する際に、まずその処理がどういう仕組みで動いているのかという、バックグラウンドから説明してくれる。何か分らないがとりあえず、こういうものだから書いとけというのはなくすことができ、自分の欲しい形に応用ができる。
私はもともとWindowsアプリケーションが作ったことがあるが、Webアプリケーションはやったことがないというレベルで、これはとっても参考になった。
ただプログラムを全く初めてだと、理解しにくいところもあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

東京ボイス

2009/10/14 23:26

なにか特別になりたい。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ボイススタジオの講師で元シンガーソングライターの吉本を中心に、ボイススタジオに通う生徒のそれぞれの日常が書かれている。

ボイススタジオに通う東京で暮らす普通の人々。
ここでいう普通とは=特別ではない人をさしている。
歌手を目指す自傷癖のあるキャバ嬢、スキャンダルを起こした元アイドル、友人との付き合いに悩む主婦、やる気をなくしたヤクザなど。
全く違う環境なのに、『なにか』になりたいともがいている。

華やかな世界に憧れる。
ただ、そうなりたかったのかと言われると
そうでもない。
自信にあふれているところに嫉妬している。

目指すものは歌手という明確なものであったり、または何になりたいかもわからないが。
『なにか』になりたい。
そんな、普通の人のもがきを、歌を介して表現したい。
みたいなかんじだろうか。
私自身は音痴だし歌の良し悪しなどわからないので、気持ちひとつでそんなに違うのかと感心するばかりだが。

なかなか歌で世界は救えないし、普通である現実も変らないのに
でも本の最後は全部、きれいに昇華された気がする。
面倒で雑多な日常は続いていくはずなのに。

吉本の真剣に教えるけど、ちょっと熱のこもらない感じが、暑苦しくなくて好きだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示