サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミールさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

ミールさんのレビュー一覧

投稿者:ミール

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ブランド広告

2002/11/07 21:15

「ブランド」とは何か?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 同じ物が2つあったとしても、片方に「ブランド」さえあれば、信頼・価格に大きく差を付けてしまう。
 しかし商品に差を付ける事を目的にする為だけに、ブランド広告の役割がある訳ではない。マイナスのイメージをプラスのイメージに変える事もブランド広告の役割なのである。この事を『味の素』『メルセデス』の具体例を出し判りやすく紹介している。
 消費者あってこそ「ブランド」がある事を教えてくれる。あの『コカコーラ』でさえも消費者の求めている事を間違ってしまい、失敗してしまった。『雪印』を「企業の利益を再優先する事に何の抵抗も感じない驕り体質が招いた人災」と厳しく書いてある。
 「ブランド」をいかに作り、どう発展していけば良いのか?等理論だけでなく、企業名や具体例を出してくれているので、とても判りやすい。
 「ブランド」に興味を持つ人はお薦めの1冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示