サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nisiさんのレビュー一覧

nisiさんのレビュー一覧

投稿者:nisi

2 件中 1 件~ 2 件を表示

3人目の男

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻は、要一がメイン。
1巻とイメージが違うので、ちょっと驚いたが、1巻ごとにそれぞれのキャラクターがピックアップされているので、まわりには、やや理解されがたい彼の本音が描かれていておもしろい。
 一見、何不自由ない、誰もが羨む優等生!と絵に書いたようなライバルなのだが、本当は、不器用で、損な性分で、いろいろと悩みをかかえながらも青春のすべてを飛び込みにささげている少年なのである。
 しかも、父親ともうまくいってない。こういう人物を描くのが森絵都はすごくうまい! 1巻を読んだ時は、少年マンガの原作として使ったらはまるなあと思ったけど(美人監督がやってきて、平凡な少年が実はダイヤモンドの瞳を持っていて…、ライバルも個性的で…)要一のような複雑な性格を表現するのはやっぱり森絵都先生の小説ならではと思う。
 とにかく、巻をおうごとに、続きが読みたくてしょうがなくなるこの小説、今から読む人は全4巻で、一気に読めるからしあわせだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やさしく理解できる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高校生にも理解できて、とてもためになる「国のお金」の本という、まえがきに魅かれて手に取った本。
 今までずっと税金について、無関心でいたことを痛感した。
税金の使われ方なんて考えたこともなく、すべて政府におまかせ状態であったことが、今の不景気を生み出した一因でもあるのだなと思った。
 細かいお金の事になると必死になるのに大きなお金については金銭感覚がマヒしてルーズになってしまうのと一緒で、国のお金となると金額の単位が違いすぎて実感がわかないものだが、その点も分かりやすく書かれている。
 2001年に書かれた本なので、その後に変化した部分もあると思うが、とりあえず、今の国の状態と、将来について知っておくためにも読んで損はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示