サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こたろさんのレビュー一覧

こたろさんのレビュー一覧

投稿者:こたろ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本悲しみの歌

2002/11/13 00:38

善と悪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私はそれほど本を読まない人なんですが,この本だけは忘れられない一冊になりました.
 淡々と登場人物の日常をパラレルに描いているんですが,そこには,大なり小なりの人間の悲哀がちりばめられてます.読み終わったあとは,なんともいえない気持ちになるでしょう.善悪とはなにか? 幸福とは何か? 本気で悩めます. 
 どこにでもありそうな風景,悲しいこと,許せないことが,この小説にはあります.非常にリアルであるため,感情移入しやすく,登場人物の気持ちがストレートに伝わってきます.
 狐狸庵先生の本は,人が人を裁くことの重み,人間の弱さについて書かれたものが多く,この本はそれらの集大成のような気がします.
 あと,必ず「海と毒薬」は読むようにしましょう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示