サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 絵美さんのレビュー一覧

絵美さんのレビュー一覧

投稿者:絵美

1 件中 1 件~ 1 件を表示

テレビ番組が同質なワケがわかる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯に「なぜ誰もが同じ価値観につつみ込まれてしまうのか?」って書いてあるけれど、まさにそういった疑問が解ける書。日本人が同質の価値観に支配されているのは、メディアの構造のせい?! …その仕組みがわかる。
 確かに、例えば重大事件がおこっても、どのテレビ番組もほぼ同じ視点、同じ切り口で報道しているし、高視聴率のヒット番組が話題になれば、どの局も同じような番組をスタートさせている。タレントの登用だって画一的だ。
 私達の生活の情報源の大部分をしめるテレビ番組を配信するテレビ局が、いったいどういう仕組みになっていて、「官」や、新聞や雑誌とどういった力関係をもって私達に情報を供給しているのか…そんなこと考えたこともなかったけれども、本著を読んで、目からウロコが落ちた。テレビ局は免許事業だから「官」ご機嫌を損ねてはいけないという意識なわけで、だから同質の情報ばかり配信されるわけか、と。

著者は、「世界史の中で天皇制を考える試み」のために『ミカドの肖像』(著作集第五巻)、『土地の神話』(第六巻)につづく三部作の完結編として、本著を発表している。とはいえ、本著単独で読んでもまったく問題ないと思う。三部作の中では一番とっつきやすいですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示