サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. シュンジさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

シュンジさんのレビュー一覧

投稿者:シュンジ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本キャラクター小説の作り方

2003/03/06 09:32

「これさえ読めば小説が書ける」本の最高のもの。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は1年間に「100冊以上読む」「いろいろなジャンルの本を読む」というような本好きです。
 でもちかごろは「本を読む」では満足できなくなり、「小説を書いてみたい」という思いが強くなってきたのです。 しかし、実際に書き始めてみると、とてもではないけれど「書けない」のです。
 そこで、「小説を書くための『HOW TO』……」「これさえ読めば……」というような本を、大量「13冊!!」も、読んでは買い、買っては読みのくり返し。
 しかし「ほとんどの本」が「役に立たない本」なのです。
 シカアアアシ!! その中でヒトスジの光が。 それは、「大塚英志」様の2冊の著書だったのです。
 もちろん「1冊」はこれ!! 小説の中で動いてくれるキャラクターの作り方にはじまり、お話の法則の探し方から身に着ける方法、そして世界観の作り方などをとてもわかりやすく、ときには「エッ!!」とオドロクような方法で説明してくれています。
 この本は「あらゆるジャンル」の作品、そして「あらゆる年代」の「小説を書いてみたい」と思っている人への「羅針盤」のような「1冊!!」でした。
 ぜひもう1冊の「物語の体操」と一緒に読んでみることを強くお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示