サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 姫林檎さんのレビュー一覧

姫林檎さんのレビュー一覧

投稿者:姫林檎

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本指輪物語 新版 第1部 旅の仲間

2003/04/24 23:16

指輪物語とハリー・ポッターを比較して読んでみる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大人気の二大ファンタジー『指輪物語』と『ハリー・ポッターシリーズ』を比較して読んで面白がっている。実際、作品の根底にあるものは、正反対と言っていいほどに、かなり違うように思う。
ハリー・ポッターは、偉大な魔法使いの両親を間に生まれたサラブレッド、名実とも生まれながらの魔法使いのエリートである(もちろん、そのための苦労や不幸も当然ある)。
かたや、指輪物語の主人公であるフロドは、なんの特殊能力も持たない、この話に登場する魔法使いやエルフに比べるまでもなく力のない、しいていえば気の良いだけの平凡なホビット(こびと)である。しかしその力のなさが主人公の資質なのである。
指輪は『力』そのものであり、魔法使いや賢者であればあるほど自分を誤魔化して『力』を使用し続け、指輪を使っているつもりがいつのまにやら指輪に使われている状態になり、悪用してしまうのである。
そして、その指輪を捨てさる仕事を自分にではなく、フロドに託したガンタルフは、身勝手で、しかし己を知った賢者である。
『指輪物語』と『ハリー・ポッター』の賢者の定義ひとつとってみても、面白さは尽きない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示