サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hornedorangeさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hornedorangeさんのレビュー一覧

投稿者:hornedorange

1 件中 1 件~ 1 件を表示

美術のあたたかさ、ともに働く喜び

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「美術とは何か」などと大上段に考える前に、美術を見て楽しみ、あるいは癒され、心地よく思った経験は、誰にでもあるだろう。この本は、そんなやわらかな記憶を、心のなかに呼び覚ましてくれる。しかし、著者はそこで終わらない。美術のあたたかさ、ささやかさを立脚点にして、政治・経済・社会へと、世界の大海原へと漕ぎだしていくのである。全国津々浦々までを巡業する展覧会、美術と街が一体となったパブリックアート……。地域や行政、既成の事実を相手に、壮絶な闘いをくりひろげる。そこでの経験が、「越後妻有アートトリエンナーレ」という、人と人とが協働しあう芸術祭に結実していく。「新しい展望というものは、いつも思いも寄らぬ地点から展けてくる」とは林達夫の言葉だが、いままさに、美術を起点として、世界が変わっていくのではないかと思えるほどの力を、この本はもっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示