サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hinaさんのレビュー一覧

hinaさんのレビュー一覧

投稿者:hina

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本七王国の玉座 上

2002/12/05 22:04

これは只の流行りものファンタジーじゃない!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ファンタジーは「指輪物語」が好きで何度も読み返して来ましたが、
「七王国の玉座」は、代表的なファンタジーのひとつと言っていいかも知れない、と思いました。
「指輪物語」の深遠さと対照で、娯楽色が強くてもう少しハードな感じ。でも面白さはピカ一です。

澄んだ空気や氷の冷たさ、岩の硬さ、街の猥雑が肌に感じられるところは、指輪物語の真の暗闇と、大河の広がりを感じさせる描写のように、筆者のしっかりとした筆力が感じられます。

最初の方は、指輪のようにちょっと大変でしたが、人物紹介的部分が始まるとがぜん面白い!

下巻の中盤に入ると、もう続きが読みたくてページをめくるのがもどかしかった。
家族で奪い合いになって困りました。

みんなで読んで、話し合いましたが、今の時代って色々たいへんですよね。
でも、この物語を読んでいると、ウソではなくて逆境の中にいて、どんどん輝いて行くアリアなどに、人が本来自分の力で、自分に合った世界で生きられた時に、その人の幸せがあるという感じがして、勇気が湧いて嬉しくなってしまいます。

指輪…は、静かな生命の力強さ、虚飾と真実のかなしみを伝えてくれますが、七王国は、動的な中で、逞しく生き抜いて行く人物に、同じような人間に対する筆者の洞察・機知を感じます。

お約束的戦闘シーンなどもあるのですが、ベタな部分はなく…というより、
「あっ、やられた!」と思えて嬉しくなる箇所があったりします。

ちょっとトルキーンはずば抜けているので、比べられない部分もありますが、トルキーンの焼き直しや、追随物的生温さとは一線を画してしていて、ビビットで現代的、しかもファンタジーの世界部分が現実以上に魅力的に心を呼んで、ひたすら続巻が待ち遠しいです!

この本が、今ハリーや指輪でファンタジーはやってるから出してみました、という本だと思っている方がもしいたら、絶対違います。滅茶苦茶新しくて面白いので、ぜひ読んでみて下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示