サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Keiさんのレビュー一覧

Keiさんのレビュー一覧

投稿者:Kei

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ゲーム脳の恐怖

2002/12/13 01:39

脳波計のデータに問題があります

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分は仕事柄、本書中で用いられた脳波計というものに関心がありましたので、
この装置で計測されたデータについて少々見解を述べさせて頂きます。
まずこの脳波計の量産型は既に発売になっているようで仕様などもメーカから公開されています。
この脳波計から測定されたという「α%β%時系列」グラフが本書中で頻繁に用いられていることから
本を読まれた方はこのグラフこそが装置で計測して取得したデータだと思われるかもしれませんが、違います。
実はこれとは別に「Sαβ時系列」というデータが存在し、これが装置から取得した生データを表します。
しかしこのデータは本書中では一切公開されていません。
このデータには「β波低下」を示す根拠が何も無いため、著者には都合が悪かったのでしょう。
この生データのサンプルを見る限り所々強烈なノイズが混入したようなグラフになっています。
ではなぜこの「Sαβ時系列」生データが「α%β%時系列」に加工される過程で
「β波が低下」するようなグラフになるのでしょうか?
それは「S」と「αβ」両者の帯域フィルターの特性の違いに秘密があります。
「αβ」のそれよりも「S」帯域の方がノイズが混入しやすくなっていると思われます。
この「S」の値を100%として「αβ」それぞれの値を割合として再計算するので、
「S」の値が増大すれば「αβ」の占める割合が相対的に低下することになります。
また「S」に混入したノイズと比較しても、β帯域にのるノイズがあるレベルで頭打ちになっています。
更に過去3秒分の積分値での割合を求めているため、瞬間的なノイズによる変化を恒久的変化に見せかけています。
このトリックを用いることで、ある瞬間大きなノイズが混入するとしばらく「βレベルが低下」したようなグラフが出来上がることになります。
これが本書で使用されている「α%β%時系列」のグラフです。
(もう一つの「β/α時系列」グラフには何の意味もありません)

例えるなら、
所持金\100は\1000の10%の金額に相当するが、所持金\200は\5000の4%の金額に相当する。
ここで「10%から4%に減少したから所持金額が減っているに違いない!」
と主張しているようなものなのです。

では何がノイズ源となるのでしょうか?
これについては憶測でしかありませんがそれは様々な筋電位などではないでしょうか。
計測に用いたテトリスのような反射神経型ゲームは動体視力が要求されるため、いかにも眼球運動が激しそうです。
また本書中で「読書でもβ波が低下する」とも書いてあります。
読書は目で活字を追いかける作業ですからこれもノイズになりそうです。
つまりこの脳波測定器は本書で説明している事柄を明確に証明している訳ではないということです。

機械が出力するデータへの盲信や、統計というものにいかに騙されるかということについてこの本は格好の教科書になると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示