サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しまじろうさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

しまじろうさんのレビュー一覧

投稿者:しまじろう

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本まんがDE歌舞伎

2003/02/20 02:19

感動しました。こんなに分かるなんて。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歌舞伎ってとっつきにくかった。
じつは大学は演劇科を出たんですが、小劇場にはまったために在学中は「桜姫東文章」と「東海道四谷怪談」しか見ませんでした。
それも、じつは部分だってことも知らずに……。
そう、この本を読んで、歌舞伎ってなんでこんなに上演時間が短いのか、その謎がはじめて解明できたんです。(遅い?)
じつはいま歌舞伎座で上演してるものって、ほとんどが通しじゃないんですねえ。
われわれは、ほんのサワリだけをつまみ食いして観ていたんですねえ。
「寺子屋」なんて、なーんも知らずに見に行ってたもんだから、なんだかさっぱりわからなかった。とくに松王丸がなんで力んで泣いてるのかなーって、ぼんやり観てましたよ。
それが、これにはぜんぶのストーリーが通しで載っているから、完璧にわかってしまった。読んでてもらい泣きしましたよ!
この本は、まんがだからかなあ、すっごく上演したらながーいはずの歌舞伎が、あっという間に理解できてしまう。いや、マジこんなまんがの本(歌舞伎の本?)は存在したこと無いと思う。
ただ、ひとつだけ不満なのは、本数がすくないこと。ぜんぶで16本くらいしかないんじゃない? しかたないから同じ出版社の渡辺保さんの「カブキ101物語」というのを買いました。そこには101本載ってるから。でもね、字がびっしりで、おまけにすごーくムズカシイの! あたりまえか、まんがじゃないんだから。ちょっとこれは無理。
だから、これの続編をぜひ、また出して欲しい。お願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示