サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Suzuさんのレビュー一覧

Suzuさんのレビュー一覧

投稿者:Suzu

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本馬の瞳を見つめて

2002/12/19 13:43

馬の瞳を見つめてください

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

馬に魅せられて、北海道の馬産地に暮らすことになった著者。そこで著者が出会ったのは、愛らしい目をしたたくさんの馬たちと、その馬たちの最期を自らが決めなければならない現実だった…。

本書の中で出会う写真の馬たちの瞳は本当に愛くるしい。また、愛する馬たちと共に写る著者の笑顔は本当に明るい。その笑顔の下で、誰もが見て見ぬ振りをし、知ろうとしない『馬の最期』という厳しい現実と、常に向き合いながら生きている著者の気持ちを思うと胸が痛くなる。そして著者の馬たちへの深い愛情と、その愛ゆえに馬たちの『安らかな最期』を願い、自らその場に立った著者の毅然とした強さに、言い表せないほど心を打たれた。

古くから、馬と人間は多くのかかわりの中で共に生きてきた。現代でも色々な形で、馬は私達を支えてくれている。その馬たちの一生を『経済動物』という一語で済ませてしまうのはあまりにも辛い。午年も終わりに近づいた今、本書は馬が好きな人、競馬に興味がある人、乗馬をする人をはじめ、馬に何らかのかかわりを持つ方はもちろん、馬を遠い存在だと思っている方達にもぜひ読んでいただきたい作品である。そして著者が経験した喜びや悲しみを通して、『馬の幸せ』や『馬の命』について真剣に向き合おうとする方が増えてくれることを心から願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示