サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エルシドさんのレビュー一覧

エルシドさんのレビュー一覧

投稿者:エルシド

1 件中 1 件~ 1 件を表示

自衛隊派遣は仕方が無いという方、是非一読をお勧めします!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を読むキッカケとなったのは、「ブッシュへの7つの質問」の項目にビックリするような文章が載っていたからだった。そこから導き出される疑惑には、なぜ「9・11の日、国民には航空統制がとられたのに24人のビンラディン一族のみ航空機に乗ってFBIのチェックも受けず国外に飛び立つことが出来たのか」「25年以上にわたり、ブッシュ一族とビンラディン一族の間にはビジネスパートナーとしての関係があった」など、今まで私たちが意外とアメリカについて知らなかったことがこれでもかこれでもかと出てきます。日米の現在の関係の是非はともかくとして、同盟関係にある国がどんな考えを持っている国かを知っておくことはとても重要だ。当事者が言うセリフをいくら聞いても真実とは限らない、ウラがあるのが普通と思うべきだ。考えてみれば、意外と我々自身はアメリカの事を知らないで同盟関係となっているのが今の国民の現実ではないか。もっともっとアメリカのことを、真実を学ばなければいけない。本書は、現在のアメリカ国民の世論調査の結果なども引用して、現在のアメリカの姿を知るのにもとても役に立つ。
 とくに印象に残っているムーアの呟きは、アムネスティでも国民の人権侵害において最悪の評価が下されているサウジアラビアと最も民主的な国家と自認しているアメリカが、経済的にも、指導者同士もこれほど緊密な関係を
維持していることがとても不思議であるというようなことを言っていたことだ。私も不思議に感じると共に、きな臭い正体を見せられた様な気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示