サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちびびさんのレビュー一覧

ちびびさんのレビュー一覧

投稿者:ちびび

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本プロフェシイ 大地の子 上

2003/01/29 09:39

3部作の中篇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大地の子は3部作の中篇にあたる。中篇の宿命でちょっと間延び感があるものの、最終部に向けて楽しみを残すストーリー展開だ。
こうなればいいなぁと思っていることが、やきもきさせながらもそうなっていくことが喜ばしい(ネタバレになっちゃうから書けないなぁ‥)。早く「ディスティニー」が発刊されることを心から願うばかりだ。

読み進む時、やはり主人公のラプソディに感情移入してしまうのだが、普通の女の子の考え方を持ち、なのに絶世の美女という設定が女心をくすぐる。男の人が読む場合は、醜いけれども誰よりも俊敏で有能なアクメドや、やはり醜く、時には残酷にもなれる優しい強い大男のグルンソルに心くすぐられたりするのだろうか?

指輪物語の後に本書を読んでいるが、この物語の生まれた背景が全く違うのだと痛感する。指輪物語は男主体の物語だが、本書は女性が強い物語であり、性描写も多く、残酷な描写もある。ファンタジィが妖精ばかり出てくるような話だと思っている方がおられたら、どうか、この現代ファンタジィを読んでいただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本納屋橋でブロックバスター

2003/01/27 09:02

生きる不幸を叫ぶ詩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

甘ったるい感情を優しい言葉で包んだような詩を好む人に、この詩集は読めないだろう。この詩集は、生きる不幸、心の叫びを簡潔に見せつける。露悪的とも思える正直さは人に嫌悪感を与えるかもしれないが、読み進むにつれて、哀しみからシンパシィへと移る。そして自分の生きる姿勢や諦念に目を向けさせる。この詩集に見出されることに目を背けるような人は偽善者であると私は思う。目を背けて許されるのは、あまりによく知りすぎた感情に出会って目がかすみ、頭がくらくらしてしまう人だけだ。まるで、ブロックバスターをくらった後みたいに。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示