サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 毎度おーきに〜さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

毎度おーきに〜さんのレビュー一覧

投稿者:毎度おーきに〜

1 件中 1 件~ 1 件を表示

今の時代、文中の少林寺方丈の言葉が身にしみる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

破産迄追い込まれていなくても国民の殆どは暗闇の中にいるのに等しい。国も経済界も行き詰まったまま打開策が見つかっていない。経営者を対象にしたメルマガで知ったこの本は、一人の経営者のドキュメントというだけでなく、行き詰まった国や経済の立ち直りになるヒントが幾つも盛り込まれていることに気付いた。文中に出て来る中国少林寺方丈の「変化をするからこそ良くもなり悪くもなる」との言葉を受けて、筆者が「ゼロとは過去を失うのではなく未来へのスタート地点」と気付いたり、同じようにバブル経済が破綻しているアメリカが早く次のステップに向かおうと切り替えているのに、日本は何故いつまでも前に進めないのか…との答えも、筆者のいう「感即動感即退」が出来ないところに理由があると判る。
どこかでこの本を破産のバイブルと紹介していた人がいたが、この本は方向転換をしなければならない日本人すべてが読むべきではないかと感じた。
筆者も無名で出版社も小さく政治力がないからだと思うが、bk1での扱いも無視に近い。日本が元気になる為にbk1が先頭に立って知らしめる価値のある1冊だと思う。普段本を読まない人でも、何の抵抗も無く読み切れる軽さが全体にあり、とても大事なことを教えてくれているのに、押し付ける部分は感じられない。
筆者の次の著作が期待出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示