サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 凸凹眼鏡さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

凸凹眼鏡さんのレビュー一覧

投稿者:凸凹眼鏡

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本霧の果て 神谷玄次郎捕物控

2002/12/26 11:33

霧は晴れるのか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ミステリーであることは間違いないが、人間の心理の綾の描写に読みごたえがある。
 神谷玄次郎は北町奉行所の定廻り同心。捕り物の腕は一流で、剣は直心影流の達人である。だが、普段の仕事ぶりは、ぐうたらで、たびたび上役から叱責されている。
『彫師伊之助捕物覚え』シリーズの伊之助は、十手を返上して彫師となり、『用心棒日月抄』シリーズの青江又八郎は、藩の陰謀に巻き込まれて脱藩し、心ならずも用心棒となった。いずれも、己自身の選んだ道であった。しかし、玄次郎は、気がついたときには、既にある境遇におかれていた。
 玄次郎が同心見習いであった十四年前、父が手がけた事件にからんで、母と妹が斬殺され、ほどなく父も死んだ。その後、圧力により調べは中断し、事件の全貌は未だ明らかにされていない。今も、彼はその事件を忘れることができない。いいかげんな仕事ぶりの中にも、なじみの小料理屋の女将お津世とのつきあいにも、その事件の影が落ちている。
 短編の連作という形から、その都度の捕り物の経緯を追ううちに、岡っ引きの銀蔵夫婦、同僚、上役のだれかれの日常の姿が、徐々に浮かび上がってくる。
 なじみの小料理屋の二階の戸袋から、青い卵が見つかった。そこに事件の知らせが届く。裏店に一人住まいの老婆が殺され、貯めていた小金が奪われた。
 どこにでもあるような事件である。銀蔵の手慣れた探索で、確かに犯人は捕らえられる。だが、その犯人の口からでた言葉に導かれて、玄次郎はあることを想像する。玄次郎の想いは、何が孵化するか分からなかった不気味な青い卵に重なっていく。
 話の本筋だけではなく、多くの興味深い場面がある。例えば、同心である玄次郎が、岡っ引きに渡すために、探索に必要な金を工面するところである。普通眼にしない場面であり、作者の創造した世界の奥行きを感じさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示