サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. シオさんのレビュー一覧

シオさんのレビュー一覧

投稿者:シオ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

頭が軽くなりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今年は「図で考える人は…」がヒットし、こういった類書が出版された。ロジカルシンキングものも目にするようになった。けれどもそのどれも、理論ばかりでわかりにくく、実践するための本ではなかった。読んで実行しようと奮起するものではなかった。しかも「図で考える…」とあるのに図がない! 学者肌の著者だと、そうなってしまうのであろう。タイトルに惹かれて購入し、途中で投げ出した人は、私だけではないはずだ。
 先日、紀ノ国屋で、扶桑社刊「ビジュアルシンキング仕事術」を目にした。またこの手の類書かと思い、ダマされないぞと、先ずは内容を確認することにした。
 立ち読みしてみると、内容が重々しくない、図、イラストが多く読みやすい。内容も理論ではなく、ビジネスや時事的なトピックスなど身近なものを取り上げている。これなら頭の体操になりそうだとさっそく購入。
 この本は、「図で説明する」、「図で問題を解決する」、「図で発想する」、「図で癒しを得る」という構成になっていた。私にとっては、「問題解決」と「発想」が実用的で、ヒントになった。
 これまで「図」というと、身構えしなければならなかったが、メモに何かをプラスしていったりということくらいなら、実践できそうな気がしてきた。そして、いつも持っているVAIOには、カメラが内蔵されている。今度の打ち合わせには、これを何か活用してみようと思い立った。
 著者紹介を見たら、学者ではなくジャーナリストであった。なるほど学者肌の人が書いた本とは違うと感じさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示