サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 春よこい!さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

春よこい!さんのレビュー一覧

投稿者:春よこい!

1 件中 1 件~ 1 件を表示

他人の顔

2003/01/12 08:01

単純な物語。それが何でおもしろいの?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 物語自体はものすごく単純だと思う。
 偶然目に入った広告によって、深夜病院を訪れた主人公が、強引に顔を整形される。そこに病院側の犯罪らしきものが絡んでいそうだが、顔の変化によって、主人公の現実がいきなり好転する。しかし、その好調さは長続きせず、強盗殺人犯という、とんだしっぺ返しに見舞われる。そこから、犯罪とは無関係な自分の顔を取り戻すべく、整形手術を行った病院との追いかけっこが始まるのである。
 たったこれだけの内容であるが、それこそ全七章の中に、読ませてくれるものが詰まるだけ詰まっているという感じだ。読み応えは十分にあって、何となく得したような気にさえなる。
 「どなたですか?」「あたし」「あたしって?」「ドアを開けてみれば判るよ」というふうに現れる謎の女(第三章)。
 「先生、患者さん、気がついたみたいです」「そんな訳ないだろう。まだ手術の途中なんだ」「麻酔が切れたみたいです」「放っておけ」これは、主人公が自分の元々の顔を取り戻せそうな場面(第五章)。
 そして、第六章での、病院捜索を依頼した私立探偵とのどたばた。四十数回に渡る、無意味な報告書。探偵に直に依頼の中止を掛け合おうとするが、それが病院探しと同じくらい難しくなる。
 サービスの指紋とか、三冊の預金通帳などの小道具も盛りだくさんで、とにかく楽しませてくれる。どれもこれも、「あっと」言いたくなる。極上の推理小説みたいに、読み始めたら途中で止められなくなってしまうのである。二百五十ページ以上あるのに、一日で一気に読んでしまった。
 ★印四つというのは、一回目の評価で、二度目に読んだ評価はたぶん五つだと思う。もう一度読んでみようっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示