サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 神田めろんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

神田めろんさんのレビュー一覧

投稿者:神田めろん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本沈黙博物館

2004/09/12 16:09

沈黙博物館

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 形見を展示する博物館の「技師」の物語。

 博物館の仕事に誇りをもっている主人公に好感がもて、個性爆発の老婆も、ちょっと可愛い。小さな村では穏やかに時間が過ぎているように見えたのだが、殺人事件や爆発事件が起き、「技師」は「死」と向き合わざるを得なくなる。形見を収集するために、葬式や住んでいたアパートを訪れる「技師」は「生」を感じながら、「死」を知っていく。
 やがて「技師」が住んでいるのが「生」の世界なのか、「死」の世界なのかわからなくなるほど、「この世」と「あの世」の境界がぼんやりしてくる。

 柔らかな「小川ワールド」に、いつのまにか引っ張り込まれていた。とても重いテーマだが、読んでいて苦しくならないのは、著者のふんわりした文章と、個性的な登場人物のせいかもしれない。優しく、作品の世界に導かれている感じが心地良かった。
 
 本を読み終わった後には、自分が生きた「証」を「技師」が収集しに来てくれることを願っていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サッカーの国際政治学

2004/09/15 16:03

サッカーの国際政治学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現役の日本人FIFA理事が、今まで携わってきたJリーグ設立や、日韓共同開催のW杯の裏側を明かした「サッカーの歴史書」。

裏では様々な交渉、取り引きが行われていたことを、「大丈夫なの?」とこっちが心配するほど率直に書いている。こういうことは、テレビや新聞は決して教えてくれない。だからこそ、こういう本は必要。

サッカーが特別好きでなくても、充分楽しめそうなのは、ここで書かれているのはどこにでもあることだから。
どこの会社にもあるよね、社長派と会長派に別れてたり、一人の独裁者に翻弄されたりってこと。
それが国際的で、動く金が莫大になればなるほど、話はこみいってくる。暴露本として読むより、「ある、ある、そういうこと」って感じで、身近なネタに転写できるのが、この本の良さだと思う。

ルールいまいちの、にわかサポーターでも大丈夫なほどすらすら読める文章なので、タイトルの真面目さに引かずに、ぜひ。

野球界のゴッドファーザーにも、オススメしたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示