サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みなさわさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

みなさわさんのレビュー一覧

投稿者:みなさわ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ラーゼフォン 1

2003/01/07 10:23

壺のなかとそと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TVアニメーション作品『ラーゼフォン』の小説版が本作である。
描くは本編でも第14楽章から脚本に参加した大野木 寛さん。
アニメのシナリオを素にしているだけあり、アニメを観た人なら、一つひとつの場面が鮮明に頭に浮かぶだろう。しかし、それだけではなく、この小説版は主人公神名綾人が書き綴ったような、主人公を主体とした描かれ方をしている。アニメでは確実に窺え知ることが出来なかった綾人の心情。孤独、痛み。そんな想いがしっかりと伝えられている。
今まで真実と思っていた現実。自分の知り得なかった本当の真実を突きつけられたとき、人は何を思うのか。様々な人と交錯するなか綾人は何を感じるのか。
アニメを観た人もそうでない人も、一読の価値アリ!
また、イラストも山田章博さんなど豪華な顔ぶれ。ビジュアルもとっても高いといえますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示