サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ネズミさんのレビュー一覧

ネズミさんのレビュー一覧

投稿者:ネズミ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

他人の顔

2003/01/07 22:34

どこかで聞いた「他人の顔」という題名

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 帯にサスペンス…と謳ってあるので、推理小説の類かと思った。整形手術で顔を変えたら、それが強盗殺人犯のものだったという映画で見たような内容も、ありふれていて面白みはない。ただ、安部公房の「他人の顔」と同じ題名であるという点に、若干の興味をそそられたのである。
 ところが、読み始めてみると、「どうせたいしたものではあるまい」という先入観は、あっという間にどこかへ消えてしまった。これは正しく安部公房と同じ世界であり、カフカの「審判」を思わせるような内容なのである。悪意のある整形手術で失った、本当の自分の顔や身分を取り戻そうとする物語で、安部、カフカ同様、象徴的に書かれている。
 だからといって、読みにくいということはない。意識的に短かくした文章や随所に織り込まれたユーモアによって、漫画に慣れてしまった世代にも受け入れられると思う。
 章の始まりごとの「あっと言わせる」からくりもおもしろいし、とにかくついて(読んで)いくのが楽しくなる。文章のうまさも絶品で、こういう表現の仕方もあるのだなあと、感心させられる場面も多々あった。
 久しぶりにおすすめである。カフカ、ポール・オースターみたいな世界であるが、そのようなジャンルにこだわることなく、とにかく読んでいてうきうきしてくる小説であるのは間違いない。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示