サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トマソ・ピンチュンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

トマソ・ピンチュンさんのレビュー一覧

投稿者:トマソ・ピンチュン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

他人の顔

2003/01/07 23:34

オースターはカフカ、ベケットを文学の師とするという。ひょっとしたら沢正は、この三人に安部公房が加わるのかもしれない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 人間がお互いにコミュニケーションを持とうとするときに生じる障害というテーマを、「顔」をメタファーにして書く。そういう小説の構造には、前出の作家たちの作品と共通するものがある。もちろん、その差はかなりのものだが、プロフィールにあるように、この作品が2作目という経験不足を考慮すれば、上々のできの部類に入るであろう。
 読者に対しての優しさも見過ごせない。文章がどれも短文で読みやすいし、何よりも読者の読む意欲を持続させてくれる(中だるみはあるが…)。程よいユーモア。先の読めない展開。文章のうまさ。誉めすぎみたいだが、よいところはいっぱいある。
 もちろん、だめなところもある。ちょっと首を傾げたくなるような表現や言葉遣いがあるし、独特なレトリックにも好き嫌いが分かれるところだ。
 いいところと悪いところを差し引いてみたら、いいところの方が勝っていた、というのが、今の読書感といったところだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示