サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. JOB-HOPさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

JOB-HOPさんのレビュー一覧

投稿者:JOB-HOP

1 件中 1 件~ 1 件を表示

技術経営入門

2003/01/16 19:20

管理職になった、なりたいあなたへ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近になって技術をビジネスに結びつける手法などを学ぶ技術経営(MOT:Management of Technology)が注目を集めている。欧米ではMBAコースと並んでMOTコースが開設されているにもかかわらず、日本ではこれまで注目されずにいた分野だが、現在の日本の製造業の行き詰まりからMOTが再評価されているのである。経済産業省が「技術経営プロフェッショナル・スクール」実現に向けて産学官コンソーシアムを形成したのに続き、東大や早稲田、芝浦工科大学など、各大学でもMOT関連のコース創設が進むなど、取り組みが本格化してきている。
 この本はまさにその「技術経営入門」の本である。この本は5章からなり、第一章では日本の製造業の環境の変化と、製造業の技術革新の重要性を説明している。第二章では技術の将来予測及び事業への展開といった、製造業においてまさに重要な技術展開論、技術予測論を概論している。第三章では企業がどのように技術を獲得し、事業化するかといった技術獲得戦略について説明を行っている。第四章では研究開発組織や技術担当役員(CTO)のあり方など、研究開発の組織戦略について述べている。第五章では研究開発プロジェクトの評価、品質管理などの現場の技術管理論について展開している。
この本は各テーマが2ページの見開きで説明されており、非常にわかりやすい構成となっている。そのため、いそがしい研究者が仕事や通勤の合間に読むにはとても都合よくできている。また、その内容も技術経営の分野を大まかにつかむには非常によい本だと思う。この本を一読して、そのあとでより興味のある部分について他の本で補うという方法がよいと思う。管理職になった技術者や、事務屋でも製造業で働く人ならば一読して損することはない本であるといえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示