サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. えびさんのレビュー一覧

えびさんのレビュー一覧

投稿者:えび

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本カサンドラの城

2003/01/13 00:16

ノスタルジックな、でも古さを感じさせない、コミカルかつロマンチックな少女小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公の17才の少女カサンドラ・モートメインは、1930年代イギリスの人里離れた古城に暮らしています。かつて一世を風靡した作家の父親はスランプに陥り、10年以上一行も書けないまま、探偵小説を読みふけっているだけでまったくの無収入。家具を売り、タオルの代えもなく、庭で作っている野菜でかろうじて食いつないでいる激貧生活です。そこに城の新しい家主となる、お金持ちのハンサムなアメリカ人青年、サイモンとニールの兄弟が現れます。21才の美しい姉ローズの結婚大作戦はうまくいくのでしょうか? カサンドラにひたむきな想いを寄せる美青年スティーヴン、画家のモデルだったボヘミアン的美女の継母トパーズなど、個性的な登場人物が物語を紡いでゆきます。そして好奇心いっぱいで楽しい思いつきが大好きなカサンドラ自身、初恋を経て、子どもから大人へと大きく成長を遂げることになるのです。
 カサンドラの日記という形をとって、美しいイギリスの田園風景を背景に、風変わりな家族のお城での生活が、コミカルにそしてロマンチックに、するどい洞察をもって描かれています。
 「赤毛のアン」や「足長おじさん」が大好きな人なら、心から楽しめること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示