サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 夏野雪さんのレビュー一覧

夏野雪さんのレビュー一覧

投稿者:夏野雪

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本変身 改版

2003/02/04 23:48

日常を襲う恐怖。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カフカは、毒虫になった人間を見たことがあったのだろうか。
そう思わせるに足る説得力を、この物語は持っている。
特に真実味があるのは家庭内の描写だ。主人公ザムザの突然の変貌に、驚きうろたえ、かつ激しい嫌悪を示す家族達。彼らの嫌悪を感じているにも関わらず、ひたすら自らに向けられているはずの愛を信じ続けるザムザ。その姿はあまりに痛ましい。そして物語は最悪の——いや、最悪とおぼしき結末を迎える。
この物語から連想するものは、読む人物によって違うであろう。読んで、何を感じ取るか。カフカはそれさえも読者の手にゆだねているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本奇妙にこわい話

2003/02/22 23:48

確かに怖いが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の怖さは、有名な怪談のいわゆる「良くできた」怖さとは違う。学生の噂話、主婦の井戸端会議。そういったもの特有の不完全な形の怖さをこの本は持っている。全てが明かされているわけではない。常につじつまが合っているとは限らない。しかし、その不可解さゆえに薄気味悪さが増している。入浴中などにふっと思い出し、ちょっとした物音に飛びあがってしまったりするあの感じ。あれが、この本からは漂っている。ただ、話によって面白さや読みやすさに大きな差があるのが難点だ。明らかに創作が加わっているのではないかという内容の話もあり、少し興が醒めるのも事実である。投稿という目の付け所は素晴らしいが、その点では少々残念な気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示