サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぎんこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ぎんこさんのレビュー一覧

投稿者:ぎんこ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本シカゴよりこわい町

2003/01/24 18:33

シカゴよりこわい町

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

9歳と7歳の兄妹がシカゴから田舎に住む父方の祖母の家を訪ねる夏の物語


「おばあちゃんは、わたし達の良いお手本とは言えないと思うんだけど」
と 妹のメアリ・アリス。
都会っ子には驚きの豪快なおばあちゃん。
孫が来たからって容赦ない。特別待遇なんてしない。

この豪快なおばあちゃんのつくる
コーンシロップをかけたパンケーキとか焼きたてのベーコンとか
スグリパイまたおいしそうなんだ。
昔酒場だったところに建った≪コーヒーポット・カフェ≫の雰囲気とか 兄妹が此処で飲むニーハイの色とかもよく伝わってくる。


町の人からも一目置かれているおばあちゃん。
大ボラは吹く、ショートガンを振りまわす、牛乳ビンの中にねずみを入れるのも
最終的には筋が通っている行いのような気がしてくる…
こんなに薄いのに1900円もするけどあっというまに読んでしまった。
早く続編が読みたい。翻訳されないかな。


兄妹が大きくなって、毎年夏におばあちゃんの家を訪ねるのを止めてから数年後を書いた最終章にはしんみりしてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネモの不思議な教科書

2003/01/24 18:30

ネモの不思議な教科書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

交通事故で記憶をなくした11歳の「ネモ」と歴史的な地を歩んで、お勉強しましょう、というフランスの子供向けのお話。

今まで、フランスとイギリスがごっちゃになっていた部分に、ようやく(!)整理がつきました。


これ1冊でアウストラルピテクスからフランスに関わる歴史、革命、人種、宗教問題がわかるようになっている。
子午線とか、チグリス、ユーフラテス河とか、中国、日本で使われている文字は「表意文字」だとか、昔習ったなーということを改めてザーっと思い出させてくれました。


フランス、メソポタミア文明と同時期に始まったのがエジプト文明。
ナイルのほとり、細長いオアシス。涼しい風。太陽の下ではじまった世界最古の文明のひとつです。

でも、なんで未だ貧しいの?
エジプトの女の人は黒い服を着て、顔をヴェールで隠さなくてはなりません。カフェに入ることも許されていません
一体何に対して【許されない】のでしょうか。



ピラミットで力尽きたエジプト…


民主主義バンザーイ


残酷で不公平あふれる地球は、いつかたまごをフライパンに落とすように、宇宙の闇に吸い込まれるか、軌道を外れて、太陽にあっけなく、焼かれてしまうのではないでしょうか。地球は最後の力を振り絞り、宇宙に一瞬懺悔の灯火を射し、おとぎ話に幕を閉じるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悪魔とプリン嬢

2003/01/24 18:28

悪魔とプリン嬢

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヴィスコスは村人281人の小さな村。
村人は善良で、毎日、わずかな金額を稼ぐために、額に汗して働いています。
ここでは、世界の他のすべての場所で起こっているのと同じことが起こっている。いわば、世界の縮小図です。

ヴィスコスに11枚の地金を持った悪魔がやってきました。
悪魔は村で一番若いプリン嬢に、村人全員をゲームに参加させることの報酬に、1枚の地金を与えることを約束します。村人はゲームに参加することで、10枚の地金を手に入れることができます。

1枚の地金はプリン嬢を、都会へ、世界を歩く自由を与え、
10枚の地金は村人全員を、一生働かずして、完全な自由を享受する額です。


悪魔のゲームは単純です。
村の中から1人、7日以内に死者を捧げること。悪が善を犯す。すなわち、お金(自由)と引き換えに、善が簡単に翻ることを村人が証明するのです。

ゲームのルールを知った村人たちはまず、悪魔の手先となったプリン嬢を<村八分>にします。町長と神父は、村人たちに「犠牲と苦行によって町が救済される」必要悪を説得します。入手した富の分配は、もちろん「均等分配」。


神様が創った世界に、なぜ悪が存在するのか?
その答えが、本書で記述されている理由なのかは分かりません。けれども、貴重な考え方の1つであることは間違いないでしょう。


村人たちは固く口を結び 、自由!と叫ぶ。
悪魔は口笛を吹いた。
7日目、生贄となるのは…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示