サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ☆ゆうき☆さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

☆ゆうき☆さんのレビュー一覧

投稿者:☆ゆうき☆

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本リヴァイアサン

2003/01/27 06:25

ひたりひたりと文字がはりつく

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それぞれの作家には、それぞれの文章の味がある。香りといってもいい。音楽の場合、音を聞くだけで演奏者がわかるという。文章を読んで誰の文かあてるのはなかなかむずかしいが、川上弘美、村上春樹、よしもとばななくらいならわかるかも。利き酒ならぬ利き本などはいかが。このポール・オースターの文章は、とても渋い。派手さはないが、精緻で選び抜かれた言葉には、穏やかな求心力があり、読んでいて気持ちがいい。会話文が少なく、びっしりと文字でページを埋めているが、文章がいいのでまったく疲れない。一つ一つの文字が、ひたりひたりと頭の中に張り付いていくかのよう。
この物語は、一人の男がテロリストになってゆくまでを描いた小説である。しかしこんな一言では到底表しきれないほど、複雑で豊かな内容が描かれている。物語の構築力に圧倒される読書体験だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示