サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 千晶さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

千晶さんのレビュー一覧

投稿者:千晶

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本林真理子の名作読本

2005/12/26 23:40

読みたくなる本が絶対見つかります!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『放浪記』、『氷点』、『細雪』、『欲望という名の電車』、
ノンフィクションなら桐島洋子の『淋しいアメリカ人』……。
54冊の名作を林真理子さんが紹介する書評本。
もともと『20代に読みたい名作』として女性誌に連載されていたものなので、かなり女性向きの精選。今まで「名作」と呼ばれているものを全然読んでない、けど、どこから手をつけていいかわからない、という女の子におすすめ。また、自分が読んだことのある本が紹介されていると、ちょっと嬉しくなります。
ジャンルは日本の古典からエッセイ、伝記、海外ミステリーなど幅広いので興味を持ったところから「この本読んでみよう」と思わせてくれます。
内容は作品紹介に留まらず、その著者がどんな時代にどのように生きたかを解説し、特に見習いたい女性作家を「知のアイドル」と位置付け敬意を表する。恋や将来に悩む女の子に、読書からも生き方のヒントを得なさい、と言わんばかりの読書案内といったところ。
巻末の「文章読本」では文章を書く時の注意点をわかりやすく解説。ユーミンから「この世で本当に正しい事なんてない、はっきりと断定したことが真実になる」と教えられ、今もそれを実行しているエピソードなど、林さん自身の経験から得た文章作法も惜し気もなく披露されてます。文章を書きたい人はご一読あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示