サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しげさんのレビュー一覧

しげさんのレビュー一覧

投稿者:しげ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

「私は英雄じゃない」について

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の面白かった点
1 アメリカ陸軍の兵隊がどんな階層出身の人々かよくわかる。
2 田舎のアメリカ人の価値観、生活感がわかる。特に、田舎のアメリカ人の、時には鼻につくこともある底抜けの善意、愛国心が描かれている。
3 アメリカの民主主義が、善意の一般の人々に支えられていることがよくわかる。しかし、その一般の人々が直接選んだ「大統領」によって、戦争が決定され、一般の人々が愛国心の名のもとに死んでいくという、民主主義の限界もよくわかる。
4 アメリカ民主主義は、ビジュアルに左右されることがよくわかる。
この本のいまいちな点
1 和訳を急いだためか、読みづらい。(主人公の姓「リンチ」を「リッチ」としている箇所もある)
2 ジェシカの英雄話を米軍がどのように作り上げたのか、詳細は書かれていない。
3 「ジェシカ・リンチ」騒動の概略を知らないと、単に若い米軍女性兵士の従軍記(内容は確かに興味をそそられるが)で終わってしまう。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示