サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りゅさんのレビュー一覧

りゅさんのレビュー一覧

投稿者:りゅ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本聖なる酒場の挽歌

2003/02/11 17:33

「マット・スカダー」シリーズ10年前の回想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なじみの店と言えば、酒の飲める店と言う元刑事で探偵のマットの10年前の回想篇。時々記憶をなくすほど飲みながらもその魔力(?)により事件を解決に導いてしまう彼は、まだ自分をアル中であるとは認めてはいない。しかし、どこかおかしくなり始めている。飲みに出ると家(ホテルの一室)に帰ることができない。帰ろうと思ってもまたバーに入ってしまうのだ。「八百万の死にざま」をターニングポイントとすれば、以前の自分を語るというAA(無名のアルコール中毒者たちの自助グループ)の実践を本書で彼はしているように思う。取引現場の教会をAAグループが使用していたというあたりは、あのときAAにつながっていればということなのか。ニューヨークの孤独を生きるためにアルコールは必要だった。後悔はしていない。と彼は言う。それが、今の彼(10年後の彼)につながっているのではないか。いま彼は、バーボンの入っていないコーヒーを教会の地下室で飲むのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示