サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 深侑さんのレビュー一覧

深侑さんのレビュー一覧

投稿者:深侑

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本終の神話・地号の章

2004/03/15 12:25

異形と言うこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人であること。鬼であること。
両者の間には深い溝がある。
けれども、この鬼達はあまりにも人間臭くて、鬼だと言うことを忘れ去ってしまう。
彼らの痛みも悲しみも普通の人間と変わるところなど一つさえ無くて。

どれだけの生と死を見つめてきたのだろう。
鬼と言う異形の者でありながらその心は人間と変わりないから。
愛しさを抱いても必ず訪れる死という別れを。

今巻にて、また一つの別れが訪れた。
彼らの悲しみはまだまだ終わらない。生きている限り。
彼らの鬼としての生はいつまで続くのだろう。
願わくば安らかな時が訪れるよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示