サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 文学かぶれさんのレビュー一覧

文学かぶれさんのレビュー一覧

投稿者:文学かぶれ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

愛に撃ちぬかれし者

2003/02/06 23:19

新しい才人の誕生だ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私達は、今この天才とさえ言えるかもしれない、偉大な作家の誕生に出逢っている。明らかに、作者のスタンスはサリンジャーに拠っている。この点では、村上春樹に近いというか、重なる所が多い。実際、ほぼ同じ時期に出版された「海辺のカフカ」は極めて、この本に本質が近いと言える。もし、この本を村上の名前で出版していたら…、想像はつかない。とにかく、龍の「限りなく透明に近いブルー」が、あれ程の性的、暴力的描写に満ちていながら、極めて静的て清らかなように、この本もまた、目を背けたくなるような、哀しいシーンが多いにも関わらず、限りなく清らかである。限りなくピュアで、限りなくイノセントなのだ。これは、誰もが届く境地では無い。選ばれし者が辿り付ける、ライ麦畑の世界である。これは、いずれ、日本をでは無く、世界的に二十一世紀を代表する一作になると、私は信じている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示