サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ナイアガラさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ナイアガラさんのレビュー一覧

投稿者:ナイアガラ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本パーク・ライフ

2003/02/10 04:17

連想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あなたが『パーク・ライフ』を手にしたとき、何が目に映るのだろうか。まずタイトル、著者名、次に「芥川賞受賞作」と書かれた帯。この帯を見た途端に、あなたはある避けがたい連想を強いられる。選ばれた読むに足るものとして、憎むべき権威のひとつとして。しかし作品を読み進めるにつれて以前の印象は薄れ、あなただけの視界が開けてくるだろう。

 日比谷公園とその周辺を模った装画。これこそが、この小説のほとんどの舞台となっている公園であるし、その冒頭部分を視覚化したものであるし、この公園を上空から眺めようと気球を上げる「老人」の願望でもあるのだ。この装画からして評価の対象になるべきものだし、さらにこの画は象徴的ですらある(装訂全体はさらに意味深い)。ストーリーの起伏に乏しく、主人公を脅かす事件も起きず、したがって内面の成長もない、凡庸な主人公の日常的視点で書かれたこの小説は、その見かけの平凡さよりも余程深い広がりを持っている。

 この小説を読んでいくと、作者に手を引かれて歩いているようでもあり、「ぼく」と共に歩んでいるようでもある印象を受ける。その印象は詐欺でもなんでもなく、私がこの作品世界に住み始めた証拠である。この世界では、一歩踏みだして見ようと思えば何から何まで見ることができるようだが、決して一挙には見渡せない木々の陰や公園の地下に張り巡らされた通路が、私の越権行為を許しはしないのだ。この制約は、二人いる近藤さんの可笑しさと哀しさをピエロにしてしまわないばかりでなく、最後まで名が明かされない女を唯の「スタバ女」で片付けることを私にさせないのだ。

 内面のドラマは作品上でよりも小説の読者の中で惹き起こされる。いい小説だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示